コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「塩少々」ってどう計る!?知らないと損する“料理用語の基礎知識”

家事

2020.11.09

「いちょう切り」は十文字にカット!

料理では食材などの“切り方”もある程度把握しておきたいもの。キッコーマンの公式サイトでは、レシピ本でもよく見かける「いちょう切り」や「短冊切り」の最適な方法を説明していました。

 

まずは大根やにんじんなど、切り口の丸い野菜を十文字に切る「いちょう切り」。端から直角に一定の厚さで切りますが、縦半分のブロックごとに切っていくと効率が良いそうです。

 

また長さ4~5cm、幅1cmくらいの長方形を幅2mm程度の薄さに切る「短冊切り」は、名前の通り“短冊の形”に似ている切り方。長さを4~5cmに切って皮をむき、幅1cmの板状に切ってから縦に幅2mmほどに切りそろえます。薄く切ることで火が通りやすくなるため、“汁ものや炒めもの”の料理に活用できますよ。

 

料理用語を正しく理解した上で調理をすれば、料理の仕上がりが今までよりも良くなるかもしれませんよ。

 

関連記事:

“塩少々”と“塩ひとつまみ”は何が違う? 今さら聞けない料理の基本知識!

大根の下茹では3分?10分?基礎知識を知ると料理は美味しくなる!

 

文/内田裕子
参照/キッコーマン 野菜の切り方 https://www.kikkoman.co.jp/homecook/basic/vege_cut/index.html

3 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【食品・調理道具】その他の記事

食品・調理道具
もっと見る