コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ブロッコリーを究極においしくする調理法「茹でるよりも…」

家事

2020.10.09

スルフォラファンを逃さないためには…

ブロッコリーをおいしく食べるだけでなく“栄養”も逃がさない調理法が紹介されましたが、そもそもブロッコリーにはどのような栄養が含まれているのでしょうか? 以前放送の『この差って何ですか?』(TBS系)では、“ブロッコリーの健康効果”について特集。ブロッコリーに含まれる「スルフォラファン」という成分を取り上げていました。

 

同番組の説明によると、体内の活性酸素を取り除いてくれるスルフォラファンは「老化防止」に役立つそうです。さらに「肝機能障害の抑制」や「花粉症の抑制」「肥満の抑制」にも効果的。

 

様々な健康効果をもたらす最高の成分ですが、“水に溶けやすく高熱で壊れる”といった一面も持ち合わせています。ブロッコリーからスルフォラファンをしっかり摂取したい時は、調理の仕方に十分気をつけた方がいいかもしれません。

 

今回紹介した方法を元に、自宅で食べるブロッコリーの味や栄養価を最大限に引き出してみては?

 

関連記事:

ブロッコリーサラダのレシピ3種

冬野菜の王様「ブロッコリー」を茹でると損する理由

 

文/牧野聡子

3 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【食品・調理道具】その他の記事

食品・調理道具
もっと見る