コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ブロッコリーを究極においしくする調理法「茹でるよりも…」

家事

2020.10.09

ゆでるよりも蒸し焼きがいい理由

一般的にブロッコリーを“ゆでて食べる”人は多いかもしれませんが、実はゆでることで栄養素が水に流れ出てしまいます。そこで塚本さんは、栄養を保ちながらシャキシャキでおいしく食べられる調理方法として「少量の水で蒸し焼きする」ことを推奨していました。

 

やり方は非常にシンプルで、鍋にブロッコリーと水を入れたら中火で約3分加熱するだけ。この時、必ずフタをしめた状態で調理するのがポイントです。水が少なすぎて、ブロッコリーが多少焦げてしまってもOK。おいしさや栄養は変わらないとのことでした。

 

同番組の視聴者からは、「“生”よりも冷凍した方が栄養的に良いのは知らなかった!」「うちでは基本ブロッコリーをゆでて食べていたので、今後蒸し焼きも試してみようかな」といった声が上がっています。

 

>>NEXT ブロッコリーは“老化予防”に良い?

2 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【食品・調理道具】その他の記事

食品・調理道具
もっと見る