注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

焼肉のたれを大量消費できる!?時短レシピ「どんぶりで食べたい!」

家事

2019.09.10

使用頻度が少ない「焼肉のタレ」などの調味料は、冷蔵庫内に放置しがちですよね。8月14日放送の『家事ヤロウ!!!』(テレビ朝日系)では、“余りがち調味料”を使ったレシピを紹介。ネット上で「料理の幅が広がる!」「今すぐ実践したいです」と話題になっていました。

 

余りがちな調味料をフル活用! ワンランク上の味を実現する“大量消費レシピ”


最初に取り上げられたのは、冷蔵室に放置しがちな調味料の定番「焼肉のタレ」です。番組が発表したアンケート調査によると、“自宅で焼肉をする割合”は2005年の時点で43%。しかし昨年になると、家で焼肉を楽しむ人たちは14%までに減少しています。

 

そこで焼肉のタレの“大量消費レシピ”として「麻婆豆腐」が紹介されました。

 

まずフライパンに油を入れてから合挽き肉150gを1分ほど炒めてください。加熱後は鶏がらスープ100mlを加えます。そして、このタイミングでさらに焼き肉のタレ90mlを加えましょう。

焼き肉のタレには、麻婆豆腐に必要な調味料である「しょうゆ」「砂糖」「にんにく」が含まれています。タレを消費できるだけでなく、時短にもつながるのが嬉しいポイント。タレ特有の甘味も加わるので、子どもでも気軽に食べられる1品に仕上げられます。

 

タレを加えた後は豆腐や長ネギなどの具材や、とろみをつけるための水溶き片栗粉をプラスすれば完成。実際に試食したバカリズムさんは、「美味しい!」「どんぶりで食べたい」と絶賛していました。

 

「柚子こしょう」と「はちみつ」で“柑橘系ジャム”のできあがり?


続いて紹介されたのは「柚子こしょうジャム」。柚子こしょうをジャムにすることで、マーマレードのような柑橘系の香りを楽しめるようです。作り方は柚子こしょうとはちみつ、溶かした無塩バターを混ぜるだけ。調理を担当していたカズレーザーさんは、「もう? それだけ?」と驚いていました。

 

「柚子こしょう」と「はちみつ」のコラボに、はじめは難色を示していたバカリズムさんとカズレーザーさん。しかしトーストに塗ってから試食したところ、「あ、ちょっと美味しいかも」「(味が)マーマレード!」と絶賛しています。柚子こしょうに含まれる唐辛子がピリッとした辛さも演出してくれるため、パンチが効いたテイストを楽しみたい時に最適。

 

ネット上では「簡単に美味しいジャムを作れるなんて画期的!」「実際にジャムを作ってみたけど、想像以上にうまかった」「これで調味料が余る心配はなくなるね」と好評の声が相次いでいます。

 

残ってしまいがちな「調味料ベスト3」


調味料の使用頻度は家庭によって様々。株式会社ドゥ・ハウスは、以前「自宅の調味料」に関するアンケート調査を実施していました。

 

1都3県に住む30~50代の女性を対象に質問したところ、最も多くの家庭にある調味料は93.8%の「マヨネーズ」。次いで「ケチャップ(91.1%)」、「ソース(88.0%)」、「めんつゆ(86.6%)」、「ドレッシング類(82.7%)」と続きます。

 

また使用頻度が最も高い調味料は、30.9%で「めんつゆ」がトップに。2位は「マヨネーズ(19.0%)」、3位には「ドレッシング類(17.4%)」が選ばれました。「めんつゆ」は麺のつけ汁だけでなく、煮物や和え物など幅広い料理に使われているようです。

 

逆に残ってしまいがちな調味料について聞いたところ、30%の人が「使い切れず残る調味料はない」と回答。それ以外の人は「ラー油(16.7%)」、「焼肉のタレ(13.7%)」、「オイスターソース(13.1%)」と答えています。余る理由として「使えるメニューが少ない」との回答が多く、そのうちのほとんどが“諦めて処分してしまう”模様。

 

余った調味料を泣く泣く処分している人は、今回紹介した“大量消費レシピ”を試してみてはいかがでしょうか?

 

文/牧野聡子

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る