2019.09.07

焼きそばの麺がピンク色に!?「これは週末子供と作りたい!」

今年8月18日に放送された『男子ごはん』(テレビ東京系)では、国分太一さんと料理家の栗原心平さんが“カラフル焼きそば”というメニューを紹介。次々と麺の色が変わるサイエンスレシピは、「子どもと作るのにピッタリ」と注目を集めているようです。

 

麺の色が次々変わる“カラフル焼きそば”の作り方!


同番組で紹介された“カラフル焼きそば”とは、麺の色が次々と変化する遊び心溢れる1品。“料理中”と“食前”のタイミングで、鮮やかな色の変化を楽しめます。子どもと一緒に作れば、キッチンが大盛り上がりするかも?

 

用意する食材はシンプルで、「中華麺(1玉)・紫キャベツ(1/4玉)・レモン(1/2個)」の3つだけです。まずは食材が浸る程度のお湯を沸騰させて、紫キャベツに火を通しましょう。お湯の色がしっかり青色になったタイミングで中華麺を加えます。そのまま水気を飛ばしつつ火を通すと、みるみるうちに黄色い麺が青色に変化しました。

 

2分半ほど炒めれば、水分もなくなり“青色焼きそば”の完成です。麺が青いこと以外は普通の焼きそばですが、第2の変化が生まれるのはここから。レモン汁をゆっくりかけていくと、麺が“ジワジワ”とピンク色に変身していきます。

 

青とピンクの麺を一緒に盛りつければ見た目のインパクトは抜群。色彩豊かなメニューの完成に、国分さんは「すごい!」「インスタ映えすんだろこれ!」と驚きの様子でした。

 

>>NEXT 色が変わるヒミツは紫キャベツの「アントシアニン」!?

内田裕子

2人の娘と日々奮闘中。東京出身のフリーライター。
子育てや家事をいかに楽しく効率的に行うかを日々考えている。自分が料理教室に通うか、子どもにピアノを習わせるかで悩み中。家事の中では洗濯が好きで、保育園から大量に持ち帰られる洗い物に密かに闘志を燃やしている。