2019.09.01

火を使わない!レンジで10分の時短カレーが美味い訳

幅広い世代から親しまれている「カレー」。しかし、調理に時間がかかってしまうことから「作るのが面倒」と感じている人も多いようです。そこで今回は、7月30日放送の『あさイチ』(NHK)で紹介された“簡単に絶品カレーを作るワザ”を見ていきましょう。

 

火を一切使わない「レンジカレー」のレシピ大公開


火を使わない“カレーレシピ”を教えてくれたのは、料理研究家の寺田真二郎さん。寺田さんによると、電子レンジを利用すればたった10分でおいしいカレーを作れるそうです。

 

まずは、玉ネギやニンジンなどの野菜を薄くカット。レンジでも熱がしっかり入るよう、厚さは3mmほどに整えましょう。薄切りのお肉を用意したら、「リンゴ酢」を絡めて10分ほどつけておくのがポイント。柔らかくて食感の良い肉に仕上がります。

 

しかしこのまま電子レンジで加熱しても、カレーならではの「コク」や「旨味」を引き出せません。そこで活躍するのが「ツナ缶の残り汁」。ツナ缶のオイルには、旨味成分“イノシン酸”がたっぷり含まれています。野菜のグルタミン酸と合わさることにより、相乗効果でさらに旨味アップ。

 

“ツナ缶オイル”を足した後は電子レンジで3分温め、水を足してからさらに2分加熱してください。刻んだカレールーを溶かし入れてから「トマトジュース」をプラス。最後に5分温めたら「レンジカレー」のでき上がりです。

 

>>NEXT カレーは香りで食べるもの!?

内田裕子

2人の娘と日々奮闘中。東京出身のフリーライター。
子育てや家事をいかに楽しく効率的に行うかを日々考えている。自分が料理教室に通うか、子どもにピアノを習わせるかで悩み中。家事の中では洗濯が好きで、保育園から大量に持ち帰られる洗い物に密かに闘志を燃やしている。