2019.08.21

「ひとつまみ」と「少々」の違いは?知らないと恥ずかしい料理の常識まとめ

料理をしている時に、「塩少々ってどのくらい…?」と疑問に感じることってありますよね。レシピによく書いているけれど、実は良くわかっていない人も多いのでは? そこで今回は、料理の常識をもう一度おさらいしていきましょう。

 

“ひとつまみ”と“少々”の違いって何!?


7月17日に放送された『ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~』(テレビ東京系)では、「料理の超常識」を特集していました。まず紹介されていたのが、“ひとつまみ”と“少々”の違いです。

 

“ひとつまみ”というのは、指3本で持った時の分量。ちなみに、重さで約1.0~1.5グラムを指しています。一方“少々”は指2本でつまんだ量で、目安として0.3グラムとのこと。同じくらいの分量かと思いきや、“ひとつまみ”より“少々”の方が分量としては少なめです。料理をする上では重要になってくるため、覚えておけば一層美味しく作れるかもしれませんね。

 

次に特集されていたのが、煮物などを作る時の“ひたひた”という言葉。“ひたひた”は「具材が水面から少し出るくらい」の水分量を表しています。街角インタビューで“ひとつまみ”や“ひたひた”の意味を質問したところ、「知らなかった!」という人が続出していました。

 

>>NEXT カレーを作る時に“フタ”をするのはNG!?

内田裕子

2人の娘と日々奮闘中。東京出身のフリーライター。
子育てや家事をいかに楽しく効率的に行うかを日々考えている。自分が料理教室に通うか、子どもにピアノを習わせるかで悩み中。家事の中では洗濯が好きで、保育園から大量に持ち帰られる洗い物に密かに闘志を燃やしている。