2019.06.21

KinKi Kidsも悶絶!? 絶品「ごはんのおとも」に賞賛が止まらない

20190620gohannootomo015月25日の『KinKi Kidsのブンブブーン ご飯のおともはオレコレ! SP』(フジテレビ系)は、番組始まって初のスペシャル拡大放送。番組内で食のプロたちが紹介した“ごはんのおとも”が話題を呼んでいます。

 

震えるほど美味しいごはんのおともが続々!


番組の副題である「オレコレ!」とは、KinKi Kidsとゲストが1番のお気に入りである「オレはコレ!」と言える食べ物を決める人気企画。今回のテーマは「ごはんのおとも」で、楽しみにしていた堂本光一さんは「早く進行しろよ!」と待ちきれない様子でした。

 

まず紹介されたのは、鹿児島県にある肉の名門・島田屋の「黒豚チャーシュー魔法の肉かけ」。鹿児島県産の黒豚を使い、ほどけるまでやわらかく煮こんでいます。繊維質を残しているためご飯と絡みやすく、ご飯粒を壊さないのが特徴。試食した光一さんはひと口目で「ご飯くださーい!」と思わず叫び、ゲストの森山直太朗さんと柳沢慎吾さんはハイタッチして大はしゃぎするほどの味わいです。

 

続いて登場したのは、北野エースの「大人のための焦がしバターしょうゆ」。玉ねぎ・バター・しょうゆで作られた同商品は、“五つ星お米マイスター”から「ご飯のおともとしては最終形」とまで評されています。暖かいご飯の上に乗せるとバターが溶け出し、甘みがご飯の旨みを引き上げてくれるそう。大きなひと口で食べた夏菜さんは「美味しすぎる!」と震え、お茶碗のご飯を食べきっていました。

 

>>NEXT 思わず笑いだす美味しさのA5ランク牛のすき焼き煮

長谷部ひとみ

夫の両親と息子と娘、キュートすぎる柴犬との6人+1匹暮らし。バスガイドから心機一転、ライターとして活動中。岩手県の実家に帰ると、その後1週間ほどは訛りが抜けないのが悩み。数学が大の苦手で息子に教わっている。