2019.06.06

薄味で作って各々が好みの味に… 家族で同じ食卓を囲む意味って!?

20190606syokunokonomi01

いくら血が繋がっていようと、家族それぞれ食事の好みは違うもの。ネット上では「家族みんなに満足してほしい」と願うママたちが意見を交わしていました。どんなアイデアがあげられているのか見ていきましょう。

 

バイキング方式でご飯を用意する人も…


家族みんなが満足できるように、工夫を凝らしている人は少なくありません。例えば“濃い味つけ”が好きな夫を持つ主婦は、「全体的に薄味のメニューを作ったあと、調味料はおまかせで足してもらってる」と明かしています。

 

ネット上には他にも「基本的に濃い味つけ。薄味好きの人はご飯の量で調節」「うちは全員、食べものの好き嫌いが激しい。大皿に色んな副菜を盛って、バイキング方式でおかずを選べるようにしてる」「正直『選り好みしないで』と言ってしまいたい。でもせっかくならみんなに美味しく食べてほしいので、火の通り加減や味の染みこみ加減を家族によって変えてます」「息子は辛いものが大好きだけど、ほかの人は苦手で… カレーを作るときは息子の分だけレトルトの激辛カレーを用意してる」などの工夫が。しかし家族全員の好みに合わせようとして、時間や手間がかかってしまうケースがほとんどでした。

 

また中には、「スーパーで好みに合わせた惣菜を1品だけ買ってくる」というアイデアも。予算にもよりますが、買ってくるのが1番手っ取り早いのかもしれませんね。

 

>>NEXT 「黙って食べなさい!」が通用しない相手の場合は?

牧野聡子

ライターとしてメディアで執筆を行う。家庭ではゲーマーお母さんとして子どもと毎日バトル中。また、生活にかかわる最新情報に目がない。知らないことがあるととことん調べるため、パソコンとゲームを往復する生活を満喫中。視力が年々悪くなっている。