コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

卵焼き、TKGのお供に最高!? 意外な“チューブ調味料”が今人気です!

家事

2021.06.02

料理を作る上で欠かせない「チューブ調味料」。5月放送の『ZIP!』(日本テレビ系)では、チューブ調味料を活用したアレンジレシピが紹介されました。おうちごはんの手間をもっと手軽にしたい人は、すぐに真似できる“活用術”を取り入れてみて。

溶き卵に「きざみ福神漬け」を入れるだけ?

同番組に登場したのは“プロチューバー”と呼ばれる管理栄養士の浅野まみこさん。チューブ調味料の一つ「きざみ福神漬け」を使った「福神漬け入り卵焼き」を披露しています。

 

作り方は、まず溶き卵2個分にきざみ福神漬け適量を加えて混ぜます。後はいつも通りに卵焼きを作れば、あっという間にできあがりです。きざみ福神漬けを入れるだけで味つけが完了するため、手早く変わり種の卵焼きを作れますよ。

 

実際にリポーターを担当している女優の里内伽奈さんが食べたところ、「シャキシャキです!」「これだけでしっかり味がつくんですね」と絶賛してました。

チューブ調味料「紅しょうが」×サバ缶が相性抜群!

続いて浅野さんが使うチューブ調味料は「紅しょうが」です。サバ缶と組み合わせることで、バゲットに乗せるトッピングにアレンジ。気になる作り方は、最初に汁けをきったサバ缶とチューブ調味料の紅しょうが、マヨネーズ各適量を混ぜ合わせます。紅しょうがをプラスすれば、サバ缶の臭みが取れるそう。

 

次にバゲット5枚の上に混ぜたものをのせ、黒こしょうをまぶしましょう。最後にトースターで焼けば「サバ紅しょうがトースト」の完成。ネット上では「試しに作ってみたけど、意外とサッパリした味でGOOD」「サバ缶を使ってるのに臭みがまったくない」などの声が上がっていました。

 

他には、料理芸人のクック井上。さんが「きざみねぎ塩TKG」も紹介。同メニューは、好みの量の白飯にチューブ調味料の「きざみねぎ塩」適量と卵1個を加えたシンプルな1品です。試食した里内さんは、「すっごい風味が!」「ねぎの味がしっかりきます」とレビュー。通常のTKGに飽きてきた人は、ぜひ試してみてくださいね。

レモンペーストに合うメニューは「鮭のムニエル」!?

チューブ調味料の活用方法を取り上げましたが、実は「ハウス食品株式会社」の公式サイトでも“チューブレシピ”を公開中。サイト上のレシピを見ていくと、“鮭のムニエル”にチューブ調味料の「レモンペースト」をプラスしていました。

 

具体的な作り方は、まず食べやすいサイズにカットした生鮭2切れの両面に塩&ホワイトペパー各少々をトッピング。さらに小麦粉適量もつけ、余分な粉をはたいて落としましょう。

 

下準備が終わった後、サラダ油小さじ2とバター10gを入れて熱したフライパンに鮭を投入します。両面を弱火~強火で火が通るまで加熱。後は皿に盛りつけ、レモンペーストを添えたら“鮭のムニエル レモンペースト添え”のできあがりです。調理時間は約10分ほどなので、パパっと1品を作りたい時に活躍してくれるはず。

 

普段の調理でペースト調味料をあまり使わない人は、ぜひ今回紹介したレシピにトライしてみてはいかが?

文/河井奈津
参照/ハウス食品株式会社公式サイト「鮭のムニエル レモンペースト添え」https://housefoods.jp/recipe/rcp_00023020.html

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る