コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

中華2品が10分で完成!これに白米があれば何杯でもいけちゃう!

家事

2021.06.15

プロの料理人やシェフからレシピを学ぶ機会ってなかなかないですよね。5月放送の『ラヴィット!』(TBS系)にはミシュランシェフである松下和昌さんが登場し、10分以内で調理できるお手軽レシピを伝授してくれました。

10分以内で作れる“本格油淋鶏”

はじめに披露してくれたのは、フライパン1つで作れる“本格油淋鶏”。さっそく作り方を見ていくと、まず中火で熱したフライパンにサラダ油(高さ約1cm)を入れます。油を温めている間、鶏もも肉250gを薄めにカットして開きましょう。厚さを均等にすることで、揚げ時間を短縮できるそうです。

 

さらに肉を包丁で叩き、塩&こしょう各少々をトッピング。下味をつけた後は片栗粉適量を両面にまぶし、温めたフライパンの中に皮目を上にした状態で投入&加熱。

 

続いて“ソース作り”に移行します。ポン酢大さじ4と砂糖小さじ2、チューブしょうが、ごま油各小さじ1、こしょう少々を混ぜ合わせ、みじん切りにした長ねぎ1/4とミニトマト5個をミックスすればソースの完成。仕上げにソースを鶏肉(1cm幅に切る)にかけたら、“油淋鶏”のできあがりです。

店と同じ味わいのカニ玉!?

2品目には、松下さんの店とほぼ同じ味を再現する「カニ玉」を紹介。気になる作り方は、最初に油適量を引いたフライパンに溶き卵2個分をプラス&加熱(中火)します。半熟状になったタイミングでボウルに戻し、再度フライパンに油適量、カニ缶1個分をイン。中火で炒めていき、缶詰の臭みを消すために料理酒小さじ1も加えましょう。

 

ひと煮立ちした後、水50cc、オイスターソース小さじ1を入れて混ぜながら温めます。沸騰してきた頃合いで、水溶き片栗粉適量を少しずつ注入。水溶き片栗粉を入れ終わったら半熟卵も加え、ミックスすれば調理完了です。

 

実際にお笑いコンビ・ニューヨークが食レポのため、油淋鶏&カニ玉を試食。2人からは、「タダの店!」「カニのめちゃくちゃいい香り」など絶賛の声が止まりませんでした。

10分で作れる“豚プルコギ”

絶品なのにも関わらず10分以内に作れる“松下さん流レシピ”。他の時短料理も気になるところですが、料理研究家であるコウケンテツさんも自身のYouTubeチャンネルで10分で作れる“豚プルコギ”を披露しています。

 

作り方は、まず豚こま切れ肉or豚バラ肉200gにたれ(しょうゆ・酒・ごま油各大さじ2、砂糖大さじ1、にんにく・しょうがすりおろし各1かけ)を馴染ませます。

 

さらに玉ねぎ1/2個(縦に薄切り)とにんじん1/2本(皮をむいて斜め薄切り後に細切り)も加え、サッと絡めましょう。

 

続いて混ぜ合わせたものを炒め、火を止めた後に5cm幅にカットした万能ねぎ3~4本をプラス。後は絡めながらしょうゆ適宜で味を調え、白煎りごま大さじ1を足せば“豚プルコギ”の完成です。ちなみにコウケンテツさんは、サニーレタスや青じそで巻いて食べる方法をすすめていました。

 

意外とバリエーションが多い時短レシピ。まずは3品の中から「おいしそう!」と思ったメニューにトライしてみては?

文/牧野聡子
参照/コウケンテツ公式YouTube「【100万回再生人気レシピ】10分でできる簡単韓国家庭料理! ご飯がモリモリ進む野菜たっぷり豚プルコギの作り方/Korean-style BBQ pork with Veggies!」https://www.youtube.com/watch?v=ciwEYRKhPVU

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る