コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

茹でるよりレンチンが最高!? “絶対に失敗しない”冷凍うどんレシピ

家事

2021.05.30

おうち時間が増えたことで売り上げも急激に伸びている“冷凍うどん”。生麵に引けを取らない“コシ”がたまりませんよね。そこで今回は、以前『家事ヤロウ!!!』(テレビ朝日系)で紹介された“絶対に失敗しない話題の冷凍うどんレシピ”を見ていきましょう。

“味噌”を活用してコクをアップ!

最初に登場したのは、わずか3つの材料でできる「味噌釜玉うどん」。まずは冷凍うどん1玉を袋のまま電子レンジ(600W)に入れて、3分20秒加熱します。次にどんぶりの中で卵白1個分とだし入り味噌大さじ1/2を溶いておき、レンチンしたうどんと一緒に混ぜ合わせればOK。あとは卵黄1個を上にのせて、お好みでねぎや海苔、七味唐辛子をトッピングするだけです。

 

一般的な釜玉うどんは“しょうゆ”を使うことが多いものの、“味噌”で代用するとよりコクのある味わいに。絶品料理がお手軽に作れるだけでなく、洗い物が少ないのも嬉しいポイントかもしれません。

不思議なおいしさを楽しめる“つけ汁うどん”!

夜食を食べたくなった時は、ミシュラン星付きシェフが考案した「のりポタうどんですよ」がおすすめ。まず「味噌釜玉うどん」と同様に冷凍うどん1玉を電子レンジで解凍したら、「ごはんですよ!」大さじ1と和えていきます。細かく切ったねぎ適量をうどんの上に散らしたところで、今度は“つけ汁”を作っていきましょう。

 

耐熱容器の中にうどんスープの素1袋、牛乳250cc、バター10gを投入し、600Wの電子レンジで1分30秒加熱すればあっという間に完成。うどんスープの素がない場合は、めんつゆ大さじ2で代用してくださいね。

 

“つけ麺スタイル”で同レシピを実食したバカリズムさんやカズレーザーさんは、「おいしいけど、何だこれ。不思議」「食べたことない味」など未知の味わいをうまく表現できない様子。そこで実際に作った人の声を見ていくと、「和風カルボナーラみたいな味がしておいしい!」「いろいろな旨味が合わさってる」といったコメントが寄せられています。

 

ちなみに同番組によると、“冷凍うどんを解凍する際は、茹でるのではなくレンチンした方が最高の状態に仕上がる”とのことでした。

小森純さん流の簡単“焼うどん”!

タレントの小森純さんも、以前自身のYouTubeチャンネルで“冷凍うどん”のアレンジ料理を公開。パック野菜を使った激安&時短レシピ「焼うどん」(約4人分)を作っていました。

 

まず最初に油適量を引いたフライパンで、薄めに切った豚バラ肉125gと水で洗ったパック野菜1袋を炒めていきましょう。続いてレンチンした冷凍うどん3玉を加え、さらに料理酒、めんつゆ、かつおだし粉各適量で味つけ。しっかりと炒め合わせたら、最後は器に盛ってかつおだし粉・紅しょうが各適量をトッピングすればできあがります。

 

めんつゆとかつおだし粉で“和風”に仕上げた「焼うどん」。小森さんがひと口食べてみたところ「うまっ!」と絶賛していたので、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

おいしくてコスパも良い“冷凍うどん”。様々なアレンジが可能なので、普段の料理で非常に役立ちそうですね。

文/牧野聡子
参照/家事ヤロウ!!!「kajiyarou」https://www.instagram.com/p/CNUhASSnj8N/
家事ヤロウ!!!「kajiyarou」https://www.instagram.com/p/CNUh2DFn–4/
小森純公式YouTube「【激安・時短】冷凍麺とパック野菜で作る! 焼うどん」https://www.youtube.com/watch?v=aOfM1MpY6U4

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る