コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

牛乳&なすの苦手を克服できる! リュウジさん考案レシピ

家事

2021.05.05

できれば克服したい苦手な食べもの&飲みもの。3月放送の『ボクを食べないキミへ~人生の食敵~』(NHK)では、料理研究家のリュウジさんが考案した“牛乳克服レシピ”が紹介されました。牛乳が嫌いな人は必見の逸品ですよ。

牛乳が茶わん蒸しに!?

同番組で披露された一品は、子どもでも調理ができるほど簡単な「リュウジ特製トロプルミルク茶わん蒸し」。気になる作り方は、まずボウルに卵1個を入れて混ぜます。次に牛乳150mlと洋風顆粒スープの素小さじ1、塩2つまみも投入。さらにミックスした後、混ぜたものを茶こしでこしながら耐熱容器にプラスしましょう。

 

最後に細切りにしたハム2枚分を加え、ふんわりとラップをかけます。後はレンチン(300Wの場合は5~6分、500W・600Wの場合は1~2分ほど)して、粗びき黒こしょう適量を振ればできあがり。

 

同番組には牛乳が苦手な人気子役の白鳥玉季さんが登場し、「トロプルミルク茶わん蒸し」を実食しました。牛乳を使った料理ですが、白鳥さんは「おいしい」とコメント。かなり気に入ったようで、5段階中“4.5点”と評価しています。

なすの克服レシピも!

牛乳克服に最適なレシピはネット上でも好評で、「牛乳は苦手な方だけど、ふんわりとした優しい味のおかげで食べやすい」「牛乳のクセが軽くなってる」などの声が後を絶ちません。

 

別日の放送では、なすの克服レシピ「なすのなめろう」も紹介。作り方を見ていくと、まず1、2か所に切れ目を入れ、ラップに包んだなす2個を600Wの電子レンジで3分加熱します。

 

レンチンした後はなすのヘタを取ってから氷水で冷やし、フォークで細かく割きましょう。割き終わったら、なすの上にみそ大さじ1弱と白だし小さじ1弱、すりおろししょうが5gをのせます。なめろう状になるまで刻んだら、器になめろう、せん切りにしたみょうが1/2個、青じそ・飾り用の青じそ各1枚をのせれば調理完了です。

 

実際に“なす嫌い”であるフィギュアスケート選手の本田紗来さんが食べたところ、「すっごいおいしいです」と大絶賛していました。

辻希美さん流ミルクセーキの作り方

1品目に牛乳克服レシピをピックアップしましたが、他に牛乳をおいしく飲める調理方法はないのでしょうか? タレントの辻希美さんは、自身のYouTubeチャンネルで“超簡単なミルクセーキの作り方”を解説しています。

 

用意する材料は牛乳180ccと卵黄1個分、砂糖10g、バニラエッセンス、氷各適量。作り方は、まずボウルに卵黄を入れて混ぜましょう。後は残りの材料を1つずつ加える度にミックスし、氷が入ったコップに注げば「ミルクセーキ」の完成です。

 

同動画の視聴者からは「牛乳が苦手でもミルクセーキなら大丈夫かも」「パパっと作れるので、すぐに試せる」などのコメントが相次いでいました。

 

ちなみに“簡単ミルクセーキ”は、氷適量と一緒に攪拌すれば「ミルクシェイク」にアレンジ可能。甘さがほしい場合、砂糖(お好みの量)を足すのがおすすめです。

 

好き嫌いの克服に役立つ“リュウジさん流レシピ”。牛乳やなすが苦手ではない人も、ぜひ今回紹介したレシピにトライしてみてはいかが?

文/河井奈津
参照/辻希美公式YouTube「【牛乳で】あら簡単ッ! ミルクセーキの作り方」https://www.youtube.com/watch?v=0FD0l7EuEP8

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る