コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

綾瀬はるかさんも感激!「ふわとろオムハヤシ」を手軽に作るプロの技

家事

2021.05.08

3月放送の『スッキリ』(日本テレビ系)には、ミシュラン1つ星店「sio」のオーナーシェフである鳥羽周作さんが登場。プロの味をおうちでも堪能できる“絶品オムハヤシ”の作り方を伝授してくれました。

プロが伝授する絶品オムハヤシ!

さっそく作り方を見ていくと、同メニューの大まかな工程は「万能ケチャップライス、ハヤシライスソース、ふわとろ卵」の3つを調理すること。最初にケチャップライス作りから始めましょう。

 

まずといだ米300gを水に15分浸し、水を捨てた後に10分乾燥させます。乾燥したら、炊飯器の中に米、鶏ガラスープの素5g、ケチャップ50gを入れて加熱。米が炊けたらバター10gを加え、全体になじませれば準備完了です。

 

続いてハヤシライス作りのステップに移りましょう。牛肉スライス250gに塩・こしょう各少々を振り、フライパンで火を通します。全体的に火が通ったタイミングで、肉をボウルつきのざるに移してフライパンを洗います。油に雑味の原因になるアクが染み出ているため、1度洗った方がよりおいしく作れるそうです。

綾瀬はるかさんが大絶賛!?

ここまでの工程が終われば、後は炒めるだけ。洗ったフライパンにバター20gを溶かし、くし形切りの玉ねぎ1個を投入します。透き通るまで加熱したところで、よけておいた牛肉、デミグラスソース290g、水100ml、みりん・ケチャップ各大さじ2、野菜ジュース100mlもプラス。煮こんだらしょうゆ大さじ1を入れて味見し、塩・砂糖各少々で好みの味に整えれば、ハヤシライスのできあがりです。

 

最後はふわとろ卵の準備。まず鍋に水100mlと鶏ガラスープの素小さじ1を入れます。沸騰した頃合いに卵液(卵4個、生クリーム大さじ2)を3分の2ほどイン。焦げないようにかき混ぜ、トロトロになったところで残りの卵液とバター15gを足してください。好みの半熟になってきたら、お皿にケチャップライスとふわとろ卵、ハヤシライスソースの順で盛りつければでき上がりです。

 

同番組では、女優の綾瀬はるかさんがオムハヤシの調理に挑戦。自作の一品を食べた綾瀬さんは「ご飯の硬さがすごくいい」「卵もすっごくふわふわ」と大絶賛していました。

実はおうちで作っている人が多い「オムライス」

調理が難しいオムレツを手軽に作れる“鳥羽さん流レシピ”。料理が苦手でも気軽にトライできるメニューですが、そもそも普段からオムライスを作っている人はどのくらいいるのでしょうか?

 

カゴメ株式会社は、以前“オムライスに関する意識調査”を実施。回答者に“どのような時にオムライスを作りますか?”と質問しています。

 

最も多かったのは50.7%の「休日の昼食」。次いで「平日の夕食(50.4%)」「自分が食べたい時(44.8%)」と続きました。他には「休日の夕食(40.9%)」「平日の昼食(27.5%)」などの回答が。休日、平日問わずに調理する人が多いので、オムライスはおうちご飯の定番メニューのようです。

 

定番のケチャップオムライスに飽きてきた人は、本格味を満喫できる「ふわとろ卵のオムハヤシ」を作ってみてはいかが?

文/河井奈津
参照/カゴメ株式会社「オムライスに関する意識調査」https://www.kagome.co.jp/library/company/news/2019/img/2019012101.pdf

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る