コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

高嶋ちさ子さんも認めた「進化系ホットサンドグルメ」が美味しそう!

家事

2021.04.15

最近爆売れしている調理器具といえば「ホットサンドメーカー」。具材を挟むだけでアレンジ料理を手軽に作れるため、重宝している人も多いと思います。3月放送の『ザワつく! 金曜日』(テレビ朝日系)では、“ホットサンドグルメ”が特集されました。

ペペロンチーノ×餃子がベストマッチ!?

最初に注目するメニューは「ペペロンチーズ餃子」。その名の通り、ペペロンチーノと餃子を組み合わたダイナミックな逸品です。

 

ホットサンドに投入する材料はペペロンチーノの素(市販のパスタソース1袋)とスライスチーズ8枚、冷凍餃子8個だけ。作り方は、まずホットサンドメーカーに冷凍餃子を入れて中火で5分加熱します。

 

火が通ったら、餃子の上にスライスチーズ4枚をセット。反対側にもスライスチーズ4枚をのせ、中火で約3分ずつ両面を焼いてください。

 

最後にペペロンチーノの素(ソース&トッピング)をかければ、あっという間に「ペペロンチーズ餃子」の完成。実際に試食したMCの長嶋一茂さんは「センセーショナルな食べもの」とコメントし、新感覚の味わいに驚いている様子でした。

絶品スイーツも登場!

「ペペロンチーズ餃子」は食べごたえ抜群のメインディッシュですが、他には絶品スイーツの作り方も登場。その名も「春巻きの皮でチョコバナナクレープ」という一品で、バナナ1本と板チョコ1枚、バター適量、春巻きの皮3枚を用意すれば簡単に調理できます。

 

作り方は、最初にバターを春巻きの皮2枚に薄く塗りましょう。さらにスプーンで水を振りかけ、生地を柔らかくします。ここまで準備できたら、ホットサンドメーカーに春巻きの皮を2枚置き、皮の上にカットした板チョコ、バナナ4切れほど、板チョコの順に重ねたものをセット。最後に4つ折りにした春巻きの皮1枚をのせ、皮を内側に折りながら包んでください。

 

仕上げに両面を3分ずつ中火で加熱したらできあがり。同メニューもMCから好評で、実食した高嶋ちさ子さんは「完全においしい!」と大絶賛していました。

企業考案のホットサンドレシピ!?

ホットサンドグルメを2品取り上げましたが、キッチン家電などを販売する「株式会社イデアインターナショナル」もスイーツレシピを公開中。オフィシャルサイトでは、ホットサンドメーカーで調理可能な「いちごと小豆のお餅ワッフル」の作り方を掲載しています。

 

用意する材料は切り餅1個といちご4個、栗の甘露煮1個、小豆あん(粒あん)20g、いちごジャム適量、ココナッツロング・粉糖各適宜、ミント少々。作り方を見ていくと、まず餅を30秒程度レンチン(600W)し、ホットサンドメーカーを2分予熱しておきます。

 

続いてプレートの真ん中にレンチンした餅をのせ、フタを閉めて3分加熱します。餅を焼いたら、器にいちごジャムを薄く塗り、餅、お好みのサイズにカットしたいちごと栗、小豆あんの順でトッピング。仕上げにココナッツロング、粉糖、ミントを盛りつければ調理完了です。

 

ホットサンドメーカーを持っている人は、ぜひ今回紹介した斬新なレシピにトライしてみてはいかがでしょうか?

文/古山翔
参照/株式会社イデアインターナショナルオフィシャルサイト「おせちが変身! 新年ホットサンドレシピ|お餅編」https://idea-onlineshop.jp/ext/column_detail.html?c=detail&cc=5e05b179d560a&s=ideain&p=1&ca=

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る