コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ごぼうが美味!北陽・伊藤さおりさんの“豚バラレシピ”はやみつきに!

家事

2021.02.17

女性お笑いコンビ・北陽の伊藤さおりさんは、以前公式YouTube「北陽チャンネル」にて料理動画を公開。冬の食材である“ごぼう”を使って、簡単に作れる“豚バラレシピ”を披露していました。

野菜を“きんぴら風”にカット!?

今回のレシピで使う食材は“ごぼう、にんじん、豚バラ肉”の3つのみ。まずは“きんぴらごぼう”を作る要領で約5cmのごぼう150gを細切りにした後、水にさらします。続いて用意したにんじん1/4本もごぼうと同じくらいのサイズにカット。普段きんぴらで使うにんじんより、やや太めのサイズ感でも大丈夫です。

 

下処理を終えた食材は油をひいたフライパンで加熱しますが、最初は豚バラ肉200gから焼いていきましょう。肉の赤身が消えてきたタイミングで、水けを切ったごぼうとにんじんを投入。全体的に火が通ったら、“特製ダレ”も加えましょう。タレの作り方は非常にシンプルで、しょうゆ大さじ2、酒・みりん・砂糖各大さじ1、にんにく(チューブ)約2cm分、しょうが(チューブ)約1cm分を混ぜ合わせればOK。食材を炒める前にあらかじめ用意しておくと便利かもしれません。

 

ご飯のおかずにぴったり!?

3つの食材はタレと一緒に絡めていきますが、ここで伊藤さんは「ちょっとタレがトローッとするまで煮詰めると、さらにおいしいでーす」と説明していました。しっかり馴染ませたら、あとはご飯を盛ったお皿に移すだけです。

 

豚肉の脂がごぼうに染みこんだ同レシピについて、「これね、本当においしいはずです! 皆さん、ぜひ簡単ですので作ってみてくださーい!」とおすすめしていた伊藤さん。難しい調理工程は一切ない上に、“きんぴらごぼう”の余った食材でも作れるとのことでした。

 

伊藤さんの料理動画を見た人からは、「毎日何作ろうって頭を悩ませているから、すごく参考になった」「材料は至ってシンプルだけど、ご飯とめちゃめちゃ合いそうだね! 伊藤ちゃんの特製ダレも味わってみたいし、今度家で作ってみようかな」といった声が寄せられています。

 

ボサノバ調で本音を吐露!?

「北陽チャンネル」に料理動画をアップしていたのは伊藤さんだけではありません。相方の虻川美穂子さんも、以前「鶏手羽煮込み」のレシピを紹介。電気圧力鍋の中に食材と調味料を入れて、あっという間に完成させていました。動画の概要欄には、「これが料理なのか!? と思うほど簡単ですが、とり肉がホロホロで味も染みておいしい」といったコメントが。ちなみに電気圧力鍋がない場合は、“炊飯器”でも作れるようです。

 

今では夫や子どもとともに幸せな家庭を築いている伊藤さんと虻川さんですが、昨年12月には2人でコラボしたYouTube動画が話題に。ボサノバ風の曲調に合わせて、「母になると急に料理が上手にならなきゃいけないって」「そんなこと無理だよ~」と“主婦の本音”を歌っています。

 

簡単に作れる“レシピ動画”やクスッと笑える“おもしろ動画”をあげる北陽のふたりに、今後も注目していきたいですね。

 

文/長谷部ひとみ

参照/北陽公式YouTube「【料理シリーズ!】伊藤家定番!豚バラレシピ!」https://www.youtube.com/watch?v=F_ioGejqLJs
参照/北陽公式YouTube「【【料理シリーズ】簡単美味しい!?お家でお料理!」https://www.youtube.com/watch?v=KykBLoH205k
参照/北陽公式YouTube「【歌ってみたシリーズ】主婦の本音!?を歌ってみた」https://www.youtube.com/watch?v=Vdkwqgj3LWA

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る