コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ダイアン・津田さんの「激ウマ鶏チャーシュー」はやみつき注意!

家事

2021.02.14

お笑いコンビ・ダイアンの津田篤宏さんは、今年1月に自身のYouTubeチャンネルを更新。「昔オカンがよく作ってくれた料理」として、“誰でも作れる激ウマ鶏チャーシュー”のレシピを教えてくれました。

冷やして食べた方がおいしい!?

まずはにんにく2片、しょうが適量(にんにくより少し多め)、りんご1/2個、玉ねぎ1/2個を順番にすりおろしていきます。

 

すりおろした食材は、日本酒、しょうゆ、みりん各適量ずつで味つけ。よく混ぜ合わせたら鍋に入れて、砂糖少々を加えながら火にかけましょう。煮立たせている間に、フォークを使って鶏肉に穴をあけます。津田さんいわく、“穴をあけることでタレが染み込みやすくなる”とのことでした。

 

下処理を終えた鶏肉と冷ました“特製タレ”は、一緒にジップロックの中へ投入。冷蔵室で半日漬け込んだ後、ごま油をひいたフライパンで加熱。この時、鶏肉は“皮目”から焼いていくのがポイントです。

 

あとはタレを足しながら鶏肉を蒸し焼きにして、全体に火が通れば完成です。津田さんは同レシピについて、「冷やして食べた方がおいしい」とおすすめしていました。

子どもとのやりとりにほっこり!?

できあがった“鶏チャーシュー”をビールのおつまみとして食べていた津田さん。「うま~!」と絶賛した後、「あったかいご飯の上にのせて食べたりとか(が好きです)」と独自の食べ方も紹介しています。また実食した娘さんも、「正直言って… めっちゃくちゃおいしい!」と大満足の様子でした。

 

津田さんのレシピ動画を見た人からは「味が染み込んでいてすごくおいしそう!」「おかずやおつまみにピッタリだね」といった声が上がっていました。

 

料理以外に注目を集めたのが「親子のやりとり」。津田さんは子どもたちと一緒に料理を作っており、子どもへの接し方に心を動かされた人は多いようです。

 

例えば、調理中に兄妹喧嘩が始まった際、津田さんは優しく子どもたちをなだめていました。さらに子どもと楽しそうにじゃれ合うシーンも映っていたため、ネット上では「まさに理想的な父親像」「子どもたちへの愛が伝わってきた」などの声が寄せられています。

スープも一から作るこだわりよう!

津田さんのYouTube動画では“鶏チャーシュー”だけでなく、“オリジナル鶏団子鍋”のレシピも公開。子どもたちと一緒においしい料理を作っていたので、さっそくチェックしていきましょう。

 

まずは鶏ひき肉約500g、すりおろしにんにく1片、すりおろした長いも適量、細かく刻んだみょうが2本、細かく刻んだしいたけの石づき6本分、細かく刻んだ長ねぎ1/2本、酒大さじ2、しょうゆ・みりん各大さじ1、紹興酒少々を練り合わせて、“鶏団子”を作ります。

 

あとはダシの中に、白菜などの野菜や肉団子を入れて加熱するだけ。ちなみにダシは、水、長ねぎの青い部分、昆布、だしパック、手羽中を活用してとるのが津田さん流のようです。

 

息子さんは長いもが苦手なようでしたが、“鶏団子”を食べて「何個でもいける」とコメントしていました。

 

ポピュラーな食材を使って比較的気軽に作れる津田さんのレシピ。家で子どもたちとワイワイ料理をするのにぴったりかもしれません。

 

文/長谷部ひとみ

参照/津田篤宏公式YouTube「【簡単レシピ】誰でも作れる激ウマ鶏チャーシュー【ゴイスークッキング】」https://www.youtube.com/watch?v=FEohFiFRFu8
津田篤宏公式YouTube「【お鍋】ダイアン津田のオリジナル鶏団子鍋【ゴイスークッキング】」https://www.youtube.com/watch?v=fn24tBcEKGA&list=PLisoZZ6OZ2LlS4cDxLMAq4x-ll7VHyWh4&index=3

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る