コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

平野レミさんの“フライパンパエリア”「簡単なのにご馳走感すごい!」

家事

2021.02.11

自宅で簡単に作れる“キャンプ料理”で、アウトドア気分を味わってみませんか? 以前『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)に出演した料理愛好家・平野レミさん。フライパン1つで作れる「ワイルドパエリア」のレシピを教えてくれました。

“湯むき”ならぬ“火むき”!?

まずはフライパンにオリーブオイル大さじ3をひき、みじん切りにしたにんにく(大)2片と玉ねぎ150gを弱火で3分ほど炒めていきます。次に粗みじん切りにしたベーコン5枚(60g)、ハーブ塩小さじ1/2で下味をつけた鶏もも肉300gを加えて、さらに2分ほど加熱。鶏もも肉は食べやすくするために、ひと口大にカットしてくださいね。

 

ここで皮をむいたトマト中2個(250g)を投入しますが、平野さんはめんどうな“湯むき”を省けるテクニックを披露。フォークに刺したトマトを直接火で炙り、水に浸けることで簡単に皮をむいていました。

 

オリーブオイルで米をコーティング!

下処理したトマトは、手で潰しながらフライパンの中にイン。さらに砂抜きしたあさり400g、ホタテ缶小1缶(65g)、白ワイン1/2カップも加え、入れフタをして煮込みます。あさりの口が開いたらざるでこして、汁と具材を分けましょう。汁には鶏ガラスープ約2カップを足しておくのがポイントです。

 

続いてパエリアには欠かせない“米”を調理。空いたフライパンを一度キッチンペーパーで拭き取り、オリーブオイル大さじ3と生米3合(450g)を一緒に約2分炒めます。平野さんいわく、“オリーブオイルが米の表面をコーティングするので、べちゃべちゃになるのを防げる”とのことでした。

 

その後、先ほどのだし汁800cc、サフラン3つまみ、ハーブ塩小さじ1、オイスターソース小さじ1を入れたらフタをして15分炊いてください。時間が経ったところで火を止め、取り出しておいた具材と星形に抜いたパプリカ適量をのせて10分蒸らします。あとはお好みでイタリアンパセリやチリパウダーなどをトッピングすれば完成。

 

実食した俳優の小泉孝太郎さんは、「おいしいです。ものすごく優しい味」と絶賛していました。

 

フライパンを2段重ね!?

様々なアイデアを駆使して簡単料理を作る平野さんですが、以前放送された『平野レミの早わざレシピ!』(NHK)でも驚くべき“時短ワザ”を繰り広げています。

 

最初にオリーブオイル大さじ1を熱したフライパンで、長ねぎ3本を加熱。ここで平野さんは長ねぎの上にアルミホイルをかぶせ、その上にもう1つのフライパンをのせていました。

 

長ねぎを蒸し焼きにするために“重し”として置いたフライパンですが、“使わないのはもったいない”という理由でゆずの皮適量と塩適量を投入。長ねぎを焼きながら、同時に調味料の乾煎りもおこなっていました。

 

平野さんの調理テクについて、ネット上では「1つのコンロで2つの材料を調理するなんてビックリ!」「フライパンの2段重ねはレミさんならではだね(笑)」など驚きの声が続出していました。

 

時短を意識して調理したい時は、平野さんのテクニックが役立ちそうですね。

 

文/河井奈津

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る