コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ロバート・馬場さんのサラダチキンアレンジ「無敵の旨さ…この発想なかったわ」

家事

2021.02.09

ヘルシー食材の定番“サラダチキン”。柔らかくておいしいものの、たまには“サラダ”以外の料理でもうまく活用したいですよね。そこで今回は、簡単に作れる“サラダチキンのアレンジレシピ”を紹介していきましょう。

ラー油×ごま油で韓国風の味!

以前放送された『ソレダメ! ~あなたの常識は非常識!?~』(テレビ東京系)には、料理研究家のリュウジさんとロバート・馬場裕之さんが出演。タレントの辻希美さん夫婦に、サラダチキンを使った手抜き料理をレクチャーしていました。

 

まずはリュウジさん直伝の「包丁なし! 爆速サラダチキンユッケ」をチェック。手で細かくほぐしたサラダチキン1個をボウルに入れたら、味噌小さじ1と1/2、砂糖小さじ1/2、焼肉のタレ・ごま油各小さじ1と1/2と混ぜ合わせていきます。

 

あとは味つけしたサラダチキンをお皿に盛りつけ、卵黄1個、ラー油・一味唐辛子・刻みねぎ各適量をトッピングするだけ。ラー油とごま油を合わせることで、“韓国風の味”を楽しめるそうですよ。

 

カレー粉で食用増進!?

続いて、馬場さんが考案したアレンジレシピ「サラダチキン カレーピカタ」が登場。まずはそぎ切りにしたサラダチキン1個に、小麦粉大さじ1とカレー粉小さじ1を混ぜ合わせた調味料をまぶしていきます。

 

まぶし終わったら、溶き卵1個にくぐらせてから油適量をひいたフライパンで加熱。サラダチキンがこんがり焼き上がれば完成です。ちなみにサラダチキンにはもともと火が通っているので、卵の表面に焼き色がつく程度で問題ありません。

 

カレー粉の風味で食欲が増進する同レシピ。実食した辻さんは、「めっちゃおいしい!」「めちゃめちゃ柔らかくなってる」と絶賛していました。

 

また番組の視聴者からも、「サラダチキンのユッケは包丁を使わない上に、調味料を加えるだけで作れるのですごくありがたいです」「サラダチキンを焼くのは発想になかった。カレー風味がすごく気になる!」などのコメントが寄せられています。

 

レンジの中で5分置くと…!?

スーパーやコンビニなどで手に入る“サラダチキン”ですが、実は自宅で簡単に作ることも可能。以前リュウジさんの公式YouTube動画では、“サラダチキンの作り方”を公開していました。

 

最初に、塩小さじ1/2と砂糖小さじ1/3を鶏胸肉約220gの両面にすり込んでいきますが、鶏肉にはあらかじめフォークで穴をあけておきましょう。また「味の素」3振りも両面にすり込み、旨味をパワーアップさせるのもポイントです。

 

あとは耐熱容器に入れて酒大さじ1を加えたら、ラップをかけた状態で電子レンジ(600W)で3分加熱。加熱が終わった後もレンジのドアは開けずに、そのまま5分間放置してください。こうすることで、鶏肉の中までしっかりと熱を通せるそう。

 

家にある調味料と電子レンジであっという間に完成するサラダチキン。リュウジさんは「レンジで温めた時に出てくるダシ汁には旨味がすごくたまってるので、最後に上からかけてあげるとよりおいしい」とアドバイスをおくっていました。

 

サラダチキンを様々な料理で活用したい人は、今回取り上げたアレンジレシピをぜひ参考にしてみてくださいね。

 

文/牧野聡子

参照/リュウジ公式YouTube「もう市販のサラダチキンはいらない【レンジサラダチキン】」https://www.youtube.com/watch?v=7il2sEYzMYA

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る