コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ギャル曽根さんの冷凍うどん料理に喝采!「コレ入れるって…天才ですね」

家事

2021.02.10

以前放送された『グッとラック!』(TBS系)では、身近な食材だけで作れる絶品料理をギャル曽根さんが披露。今回は“冷凍うどん”を活用した簡単アレンジレシピを紹介していたので、さっそく見ていきましょう。

麦茶×白だしは相性抜群!?

まず1品目には、新感覚スープを楽しめる“肉うどん”が登場。約1cm幅にカットした玉ねぎ1/4個、食べやすい大きさに切った豚バラ肉80gをフライパンで炒めていきますが、ここで麦茶300mlを加えます。ギャル曽根さんは“水の代わりに麦茶を使うことで、スープのコクと深みが一気に増す”と説明していました。

 

さらに麦茶から出るコクや深みをより引き立てるために、白だし大さじ2も投入。スープを煮立たせている間に、電子レンジ(600W)で冷凍うどん1玉を3分温めてください。ギャル曽根さんいわく、“鍋に入れるよりも電子レンジで加熱した方がモッチモチの麺に仕上がる”とのこと。あとはうどんが入ったどんぶりに、具材とスープを盛りつければ完成です。

 

麦茶で作った“肉うどん”を実食した女性は、「おいしい! 麦茶の香りもすごくするし、香ばしい」と絶賛。さらに「(麦茶を入れるのは)発想になかった」と驚いている様子でした。

酢胡椒でおいしさアップ!?

冷凍うどんは“餃子風”にもアレンジできるようで、ギャル曽根さんは「うどん餃子」も作っていました。

 

作り方はまず、冷凍うどん1玉を電子レンジ(600W)で1分半加熱して、横3等分・縦4等分にカットします。細かく切ったうどんをビニール袋に入れたら、1cm幅にカットしたニラ4本、豚ひき肉200g、もやし100g、しょうが(チューブ)小さじ2、にんにく(チューブ)小さじ2、塩・こしょう各少々、ごま油大さじ1と一緒に混ぜ合わせましょう。

 

次にごま油適量を熱したフライパンで焼いていきますが、この時“タネ”はスプーンで形を整えながらのせていくのがポイントです。片面を強火で1分半加熱した後、ひっくり返してフタをしたら、弱火で4分焼けばできあがり。

 

“しょうゆ1:みりん1:酢1”の割合で合わせた三杯酢に、こしょう適量を加えた「酢胡椒」で食べるのがおすすめですよ。

具材は煮る前に炒めるべき!?

“冷凍うどん”の活用レシピを紹介していたのは、ギャル曽根さんだけではありません。お笑いコンビ・インパルスの堤下敦さんも、以前自身のYouTube動画で「鶏うどん」の作り方を公開していました。

 

味つけは非常にシンプルで、水300mlに顆粒だし小さじ1、しょうゆ大さじ1、みりん・酒各小さじ1を加えるだけ。また具材は鶏もも肉50g、5cm長さの白ねぎだけ。この2つの食材は煮込む前にそれぞれひと口大に切って、フライパンで焦げ目がつくまで炒めてください。事前に焼くことで香ばしさが加わり、鶏肉もかたくならないそうです。

 

電子レンジで解凍したうどん1玉と、炒めた具材を“特製スープ”で煮込んだ同レシピ。堤下さんは「深夜に食べても罪悪感が少ないメニュー」と説明していたので、小腹が空いた時にピッタリかもしれませんね。

 

今回取り上げたレシピを参考に、いつもとひと味違ったうどん料理を自宅で堪能してみてはいかがでしょうか?

 

文/古山翔

参照/堤下敦公式YouTube「冷凍うどんで簡単激安美味しい 鶏うどん作ってみました!」https://www.youtube.com/watch?v=mP7calUQr6o

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る