コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

石塚英彦さんが「エブリデイいきたいですね」と言った簡単パスタとは!?

家事

2021.02.05

腸活には欠かせない食材“きのこ”。栄養豊富で値段も手頃なため、普段から食べている人も多いのではないでしょうか。以前放送された『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)では、“おいしいきのこの見分け方”や“コスパ最強の超ヘルシーレシピ”を紹介していました。

きのこは冷凍保存するべき!?

同番組にはきのこマニア芸人・坂井きのこさんが出演。スーパーできのこを購入する際の“注目ポイント”をあげており、まずはシイタケについて「カサの裏を見るべき」と説明しています。坂井さんいわく、“ヒダが見えないシイタケは香りが高くておいしい”とのこと。またマイタケの場合は“肉厚なカサ”ほどおいしい証拠で、エノキはなるべく白いものがおすすめです。

 

ちなみに“きのこ”を少しでもおいしく食べるためには、保存方法も重要。きのこは凍らせることで旨味と栄養価が上がるため、余った時は“冷凍保存”をしてくださいね。

やみつきになる“きのこレシピ”!

坂井さんは“おいしいきのこの見分け方”だけでなく、“きのこの絶品レシピ”も伝授。さっそく、パスタの代わりにエノキを活用した「エノキミートスパ」を作っていきましょう。まずは半分に切ってほぐしたエノキ適量を耐熱容器に入れますが、ここで上からオリーブオイルをかけるのがポイント。オリーブオイルを加えることで、香りがパスタに近づきますよ。

 

ラップをして電子レンジ600Wで2分半温めたらおろしニンニク適量と混ぜ合わせ、仕上げに温めたミートソース適量をかければ完成。麺のカロリーを90%も抑えている上に、美肌効果も期待できる一品です。

 

また同番組には、2週間も保存できる簡単レシピ「ミックスきのこ」も登場。まずごま油を引いたフライパンで、シメジやシイタケなどお好みのきのこ適量を炒めます。きのこの表面がキツネ色に変わるまでしっかり火を通し、最後は砂糖、醤油、みりん各適量ずつで味つけすればできあがりますよ。

 

実食した芸人の石塚英彦さんは、「優勝!」「これエブリデイいきたいですね」と大絶賛していました。

シイタケが“牛タン”に大変身!?

様々な料理で活かせる“きのこ”ですが、実は“牛タン”の味に仕上げることもできるそう。料理研究家・リュウジさんは、以前YouTube動画で「ネギ塩牛タン風シイタケ」の作り方を公開。茎を切り落としたシイタケを蒸し焼きにして、お手製の“ネギダレ”をトッピングした簡単レシピです。

 

肝心の“ネギダレ”は、みじん切りにした長ネギ1/2本、味の素10振り、塩小さじ1/2、ごま油大さじ2、黒コショウ適量をあえるだけ。ネギの辛さが気になる人のために、リュウジさんは“ネギダレをシイタケの上に乗せて一緒に蒸すと、辛さが緩和される”というアドバイスをおくっていました。

 

しいたけを蒸し焼きにすることで、プリップリの食感に仕上がる同レシピ。ご飯のお供にはもちろん、お酒のおつまみにもピッタリかもしれません。

 

ヘルシーでコスパも良いきのこをぜひ普段の料理で活用してみては?

 

文/古山翔

参照/リュウジ公式YouTube「あの食材が叙々苑並みに旨くなる!!【ネギ塩牛タン風】」https://www.youtube.com/watch?v=8-ZU_JBzGSk&t=2s

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る