コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

10分未満!ギャル曽根さんのアレンジ牛丼レシピの秘訣は…

家事

2021.01.10

料理上手として有名なタレントのギャル曽根さん。『グッとラック!』(TBS系)の人気コーナー「ギャル曽根アレンジランチ!」では、実用的なレシピを多数披露しています。そこで今回は同番組で紹介された“「プチッと鍋」活用レシピ”をご紹介しましょう。

「プチッと鍋」で絶品牛丼が作れる!?

そもそも「プチッと鍋」とは、エバラ食品工業株式会社から発売されている“鍋の調味料”のこと。1品目に登場したのが、定番商品「プチッと鍋」をプラスした「担々ごま牛丼」です。味つけの工程を省力しているため、超お手軽に調理できますよ。

 

さっそく作り方を見ていくと、はじめに玉ねぎ1/2個の半分を薄切りに。続いて牛薄切り肉80gを食べやすいサイズにカットし、残りの玉ねぎをすりおろしてください。加工が終わったら、ジップ袋に切った牛肉とすりおろした玉ねぎ、「プチッと鍋 担々ごま鍋(1個)」の半量を加えて揉みこみます。

 

肉を漬けている間にフライパンでスライスした玉ねぎを加熱し、色が変わった頃合いで水50mlと漬けた肉をイン。火が通った後はご飯の上に炒めた具材と残りの「プチッと鍋」をセットして、最後に卵黄1個を乗せれば完成です。

肉汁たっぷりの秘密は?

たった9分ほどで作れる“簡単丼”が紹介されましたが、電子レンジ1つで調理可能な「肉汁たっぷり 小籠包」のレシピも見逃せません。作り方は、まずフリーザーバッグに豚ひき肉50gとみじん切りにした長ねぎ1/4本、細かく刻んだ油揚げ1枚、水70ml、そして「プチッと鍋 濃厚白湯鍋(1個)」を入れます。

 

通常の調理方法だとゼラチンを使うそうですが、代わりに油揚げを採用。油揚げは肉だねの水分を留めてくれるため、“肉汁たっぷりの小籠包”ができるそうです。

 

続いて水に浸した餃子の皮6枚に肉だねを注入。包んだ後、ちぎったキャベツ2枚を敷いた皿の上に小籠包を並べます。後はキャベツ2枚を被せ、ラップをしてから3分レンチン(500W)したらできあがり。自分で作った小籠包を食べたギャル曽根さんは「白湯の濃厚さが本格的な小籠包にしてくれてて、すごくおいしいです」と自画自賛していました。

 

>>NEXT お手軽チーズケーキが大好評

1 / 2 ページ
KEYWORDS関連キーワード
あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る