コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

北斗晶さん「普通のより味噌の方が好き」と絶賛した生姜焼き

家事

2021.01.08

老若男女問わず、多くの人から愛される定番料理“生姜焼き”。一般的には醤油で味つけをするイメージですが、元プロレスラーでもあるタレント・北斗晶さんは“味噌”でおいしい生姜焼きを作っていました。

“まいたけ”で肉が柔らかくなる!?

昨年11月、北斗さんは自身のYouTubeチャンネルで“味噌生姜焼きの作り方”を紹介。まずは薄切りにした玉ねぎ1/2個、軽く刻んだまいたけ1パック、すりおろした生姜10g、味噌・酒・水各大さじ2、はちみつ・醤油各大さじ1をビニール袋の中に入れて、しっかり揉みこんでいきます。北斗さんいわく、「まいたけから酵素が出るから、肉を柔らかくしてくれる」とのこと。

 

次に厚切り豚ロース肉4枚(400g程度)の“脂身の部分”に切り込みを入れたら、“包丁の背”で軽く叩きましょう。こうすることで味が染みやすくなり、肉のサイズもアップ。下準備を終えた豚肉は、まいたけなどが入ったビニール袋に投入して約15分漬けこんでください。肉を寝かしている間、お味噌汁など他の料理を作っておくと時間を有効活用できるかもしれません。

厚切りの豚肉で柔らかさを実感!

時間が経ったところで、今度はサラダ油適量をひいたフライパンで豚肉を加熱。両面をこんがり焼き上げたら、ビニール袋に残っているまいたけや玉ねぎなども加えて炒め合わせます。あとはお好みの“つけ合わせ”とともに、器へ盛りつけるだけ。北斗さんの場合、せん切りキャベツ、ミニトマト、パセリを各適量ずつ添えていました。

 

できあがった料理を実際に食べた北斗さんは、「これはおいしい!」「普通の生姜焼きより、私は味噌生姜焼きの方が好き」と大絶賛。“厚切り”の豚ロース肉を使用することで、より柔らかさを実感できますよ。

 

動画の視聴者からは、「醤油じゃなくて味噌で仕上げた生姜焼きもすごくおいしそうだね。今度作ってみようかな」「まいたけで肉が柔らかくなるなんて知らなかった!」などの声が上がっていました。

 

>>NEXT ロバート・馬場さん流の生姜焼きレシピ!

1 / 2 ページ

KEYWORDS関連キーワード

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る