コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

簡単で旨い炊き込みご飯「斬新すぎる!初めて見たわ」

家事

2021.01.01

おかずを作る手間が省ける時短料理「炊き込みご飯」。レパートリーが多ければ多いほど、家族みんなを飽きさせずに調理を時短することができますよね。以前放送された『ズームイン!! サタデー』(日本テレビ系)では、魚介を使ったリッチな炊き込みご飯を特集していました。

鯛をふんだんに使ったゴージャスな炊き込みご飯

番組で最初に紹介されたのは、愛媛県名物「真鯛」を活用した炊き込みご飯。ご飯の上に真鯛がのった豪華な見た目のため、特に視聴者の注目を集めていました。

 

まずは真鯛の鱗を取って下処理をします。鱗が飛び散るので、キッチンにビニールを敷くのがおすすめ。次はご飯を炊くために、水とといだ米(2合)を土鍋へ投入しましょう。このとき、オリーブオイル(大さじ2杯ほど)を入れるとよりご飯がツヤツヤに炊き上がりますよ。

 

さらに土鍋へ昆布だし・塩・しょうが(各適量)を加え、下処理した真鯛の半身を乗せて炊き込んでください。これだけでも十分おいしいものの、もうひと工夫加えればより絶品に。上から真鯛のおさしみをのせて、卵黄を溶いただし醤油をかけると「宇和島鯛めし風」に仕上がります。

炊き込みご飯にウニとアワビを投入!?

鯛を使うだけでもリッチですが、次に紹介するメニューはさらに豪華な炊き込みご飯。使用するのは、岩手県や青森県周辺の郷土料理で、アワビとウニをお吸いものに調理した「いちご煮」の缶詰です。

 

作り方は炊飯器に米と水、いちご煮の缶詰を入れる工程からスタート。さらに細かく切った餅を入れて、おこわのような食感に仕上げます。炊き上がったら上から生のウニとイクラをのせれば、究極の炊き込みご飯のできあがりです!少々値段は張りますが、おうちで贅沢したい時にはピッタリかもしれません。

 

贅沢かつ簡単な炊き込みご飯レシピに、視聴者からは「斬新すぎる!!ウニを使う炊き込みご飯なんて初めて見たわ」「鯛の炊き込みご飯はインスタ映えしそう。お祝いごとがある時にはピッタリかも」といった声が上がっていました。

 

>>NEXT “ガキ使”の企画で生まれた絶品炊き込みご飯って!?

1 / 2 ページ
あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る