コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

袋麺で作る満腹料理に石塚英彦さんも「まいうー!!」

家事

2020.12.29

手軽に作れる袋麺は忙しい時に重宝しますよね。そのまま茹でて食べる人がほとんどだと思いますが、お笑いコンビ・どんぐりぱわーずのミナコさんは意外な料理にアレンジ。以前放送された『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)で驚きのレシピを披露していました。

ラーメンが洋食レシピに!

最初に登場したのは食べごたえ抜群の「オムラーメン」。まず「チャルメラ しょうゆ」1袋を鍋で1分半ほど茹でましょう。茹でるのを待つ間に具材の準備。まずは塩・こしょう各少々であいびき肉250gに下味をつけ、ごま油大さじ1をひいたフライパンで炒めます。肉の色が変わったら茹でた麺をフライパンに加えます。付属のスープの素も加え、一気に混ぜてください。全体に粉が絡まったらお皿に盛って、ピザ用チーズ50gをかけます。

 

続いてボウルに卵3個を割り入れて溶きほぐし、ふわふわ感を出すためにマヨネーズ大さじ3を加えます。バターを溶かしたフライパンに卵液を流し込み、ふわっと焼いて麺の上へ乗せます。試食した石塚英彦さんは「星3つです!」「まいうー」と某料理番組風のコメントを交えつつ絶賛していました。

袋麺が甘いスイーツに変身!?

ミナコさんいわく、袋麺は喫茶店スイーツの定番“パンケーキ”にも使用可能。始めに好きな乾麺1袋をチャックつきの袋に入れ、綿棒で粉々に砕きます。砕いた麺をボウルに移し、牛乳300ml、卵2個、砂糖25gと一緒によく混ぜましょう。混ぜた麺は20分ほど放置。少し時間を置くことで麺が牛乳を吸ってしなっとするため、生地を焼きやすくなりますよ。

 

時間が経ったらサラダ油をひいたフライパンに生地を流し込んで加熱。両面をこんがり焼き、バター10g、メイプルシロップと生クリーム各適量をトッピングして完成です。麺のしょっぱさとメイプルが絶妙にマッチすると語るミナコさんに、石塚さんも「(普通のパンケーキより)こっちの方が好きかもしれない」と同意を示していました。

 

ただし1食約1630カロリーと罪深い数値なので、たまに自分へのご褒美として作るのが最適かもしれません。

 

パっと使える袋麺で料理のバリエーションを増やしてみてはいかが?

 

関連記事:

ギャル曽根さんのインスタント袋麺料理「それだけでサンラータンが!?」

超一流ラーメン店が伝授する袋麺アレンジ「たった5分でこの味!?」

 

文/河井奈津

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る