コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

超簡単テクで肉も魚もグレードアップ!「使うのはコレだけ…?信じられない!!」

家事

2020.10.14

皆さんは“塩糖水”をご存じでしょうか?塩と砂糖を水に溶かした塩糖水は様々な料理に活用可能です。今年9月放送の『あさイチ』(NHK)では、料理研究家の上田淳子さんが塩糖水の使い方を伝授してくれました。

塩糖水でかじきの旨味を引き出す!

最初に紹介された料理は「かじきとしめじのトマト蒸し煮」でした。料理のかなめとなる塩糖水は塩(小さじ2/3)と砂糖(小さじ1と1/2)を、ポリ袋の中で水(100ml)に溶かすだけ。あとはかじきの切り身(2切れ)もポリ袋に投入し、冷蔵庫で3時間以上漬けてから水けを拭けば準備完了です。他に下味などをつける必要はありません。

 

次に玉ねぎ(1/2個)を繊維に沿ってスライスし、しめじ(100g)を小房に分けます。玉ねぎとしめじが準備できたら、オリーブオイル(大さじ1)を熱したフライパンに入れ、約2分炒めてください。具材がしんなりしてきたらトマトの水煮缶(カットタイプ/200g)と塩(小さじ1/3)、こしょう(適量)、チリペッパー(適量)を加えて煮立たせましょう。

 

ソースを十分に煮立たせてからかじきをのせ、蓋を閉めた状態で2~3分間煮てサッと混ぜ合わせます。かじきを器に盛り付け、ソースにはオリーブオイル(大さじ1)をプラス。ソースをもうひと煮立ちさせたら、かじきに回しかけて完成です。

 

塩糖水のおかげで、パサつきがちなかじきがふっくらやわらかく、うまみがジュワッとしみますよ!

 

>>NEXT 豆腐と塩糖水は相性抜群!?

1 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る