コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

重盛さんのお友達・希帆さんが作るどんぶり料理に「深夜の飯テロだ!!」

家事

2020.10.09

先日、重盛さと美さんとのラップ動画で「初めて知ったけどかわいすぎる!」と脚光を浴びたタレント・希帆さん。自身が運営する公式YouTubeチャンネルでは、おいしそうな料理動画などを投稿して人気急上昇中です。

マグロとアボカドをしょうゆ漬けにした「アヒポキ丼」

今年8月に希帆さんは、「アヒポキ丼」を調理する動画を公開しました。

 

作り方ははじめにマグロとアボカドをサイコロ状にカット。続いてボウルへマグロとアボカドを入れたら、ごま油とみりん、しょうゆ、おろしにんにくで味つけしてください。

 

味つけしたあとは冷蔵室で冷やし、そのあいだにアヒポキ丼のご飯を準備します。用意した雑穀米に混ぜたのは何とお茶漬けのもと。そこに、アボカドとマグロをのせてきざみのりをトッピングすれば完成です。

 

お茶漬けの素を混ぜ込む斬新なアイデアには、視聴者から「その発想はなかった! 試してみます」「お茶を注いだら豪華なお茶漬けになりそう」といったコメントが寄せられました。

 

3種類のナムルで作る「ビビンバ」

希帆さんはYouTube上で、アヒポキ丼の他にビビンバの作り方も紹介していました。

 

最初はにんじんを細切りにして、電子レンジで加熱します。次にもやしと小松菜をゆでます。ゆで上がった小松菜を5cm幅ほどにカットし、水けを絞ります。

 

加熱したにんじん、ゆでた小松菜は鶏がらスープの素やごま油、おろしにんにく、白いりごま、塩を加えて味をなじませてください。もやしもごま油、しょうゆ、鶏がらスープの素、白いりごま、塩で味つけし、それぞれナムルにします。

 

続いて、お肉を調理。まずは酒、しょうゆ、砂糖、おろしにんにく・しょうがを混ぜ合わせ、合わせ調味料を用意。フライパンで合い挽き肉を炒めたら、合わせ調味料を加えて炒めます。ご飯に3種類のナムルと肉、温泉卵と韓国のりをのせたら完成です。

 

>>NEXT 実家のキッチンが衝撃的!

1 / 2 ページ
あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る