コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「つばめグリル」の味を自宅で再現する2つのテク

家事

2020.08.06

自宅で焼肉などを楽しむ際に活躍する「ホットプレート」。6月放送の『林修の今でしょ! 講座』(テレビ朝日系)では、ホットプレートを活用した本格レシピが紹介されました。プロ直伝の調理テクニックが満載なので、ぜひマスターしてみてくださいね。

「つばめグリル」の“旨みを凝縮させる”プロの技

最初に取り上げられたのは、洋食レストラン「つばめグリル」が伝授する“ハンバーグ”の作り方です。まず1つ目のポイントは“ひき肉を氷水で冷やしながらよく混ぜること”。普通にこねると手の温度でひき肉の肉汁が溶け出すため、氷水の冷たさで肉汁の溶け出しを防ぎます。

 

他には、肉だねを成形する際のワザも教えてくれました。じつは肉だねに割れ目が生じると、割れ目から旨味がもれてしまう場合が。旨味を逃さないためには、油をつけながら肉だねを成形するのが大切。油を活用することで、表面が滑らかなハンバーグを作れますよ。

 

2つのワザを実践した後はハンバーグを平らにして、175度で温めたホットプレートの上へ。約6分火を通せば、本格ハンバーグの完成です。

 

>>NEXT パンケーキ専門店が教えるテクニックとは?

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る