注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

織田信長が愛した「焼き○○も!?」バズる歴史料理がヤバ旨い!

家事

2020.03.31

毎日食事作りをしていると、同じようなメニューばかりになってしまいますよね。せっかく新しいレシピに挑戦するなら、変わったものを作ってみたいという人も多いのでは? そこで今回は、歴史グルメを“今風にアレンジ”した料理をピックアップしました。

 

江戸時代のセレブ料理「たまごふわふわ」を再現!

3月に放送された『新説! 所JAPAN』(フジテレビ系)には料理研究家のリュウジさんが登場し、今風にアレンジした“歴史グルメ”の作り方を伝授。まず最初に教えてくれたのは、茶わん蒸しのような見た目の「たまごふわふわ」です。

 

江戸料理文化研究家の車浮代さんによると、当時の庶民にとっては“憧れの料理”だった模様。リュウジさんは江戸時代のセレブ料理「たまごふわふわ」を元に、一品で満足感たっぷりのレシピへ変身させました。

 

まずは長ねぎを斜め切りにし、とりもも肉(100g)はひと口大にカット。次に卵白をメレンゲ状になるまで泡立てていきましょう。アク取りでボウルの底をこするように使うと、メレンゲがあっという間にできあがります。鍋の中に水(260cc)と白だし(大さじ2)、とりもも肉を加えて温め、鍋が沸騰したところで長ねぎとうどんを投入。メレンゲにした卵白に卵黄を入れて軽く混ぜ、鍋にトッピングしてください。火をすぐに止めた後にフタをして、10秒ほど蒸せばできあがり。

 

番組ゲストの鈴木伸之さんが試食したところ、「めちゃめちゃふわふわですよ!」とコメント。ふわふわ食感を楽しめるだけでなく、うどんが入っているので食べごたえもばっちりです。

 

>>NEXT 織田信長が愛した風味豊かな一品

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る