注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

食べるラー油以来の衝撃!?100均食材で最強「ご飯のお供」

家事

2020.03.28

ビーフジャーキーが「すき焼き風」に大変身!

中華料理の次は、和食の「ご飯のお供」レシピを見ていきましょう。

 

和食の一流シェフが考案したご飯のお供は「ジャーキー佃煮」という名前。ネーミングの通り、作り方はビーフジャーキー2袋を細かくちぎるところからスタートします。さらにしょうが(20g)をみじん切りにしたら、しらたき(110g)を縦・横3等分にカット。水を入れた耐熱容器にしらたきを入れて、電子レンジで3分間加熱してください。

 

続いて鍋へ具材とすき焼きのタレ(60cc)を入れ、強火で煮ていきます。すき焼きのたれには佃煮づくりに必要な調味料が全て含まれているため、他に味つけする必要はありません。水分が無くなってきたら最後に刻みねぎをのせて完成です。ご飯と相性抜群で、バカリズムさんによると「ジャーキーも柔らかくなってる」とのこと。また出演者からは“すき焼きみたい”“牛肉が欲しくなってくる”との声も上がっていたので、ジャーキーの代わりに牛肉を使ったアレンジもアリかもしれませんね。

 

全く新しいご飯のお供レシピに、ネット上では「番組を観てる間よだれが止まらなかった…」「ジャーキーって一見洋風なのに和食に応用できるのか!」などのコメントが寄せられました。

 

>>NEXT 卵を使わない「卵かけご飯」も!?

2 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る