コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

加藤シゲアキさんの漬け丼に絶賛「白ワインで作るとやみつきになる!」

家事

2020.04.23

NEWSとして活躍される加藤シゲアキさんは歌やダンスだけでなく、料理も得意のよう。先日放送された『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)では、絶品の“マグロと鯛の漬け丼”を作っていました。

 

加藤シゲアキさんのマグロと鯛の漬け丼は“白ワイン”をプラス!?

同番組に出演した加藤さんは、ひと手間加えたアイデアレシピを作ることに。加藤さんがアレンジするのは、スーパーなどで販売されているマグロと鯛のお刺身です。

 

まずは漬けダレを作るために白ワイン(適量)のアルコールを飛ばし、冷めたら醤油(大さじ2)と実山椒(大さじ1)と一緒にボウルの中へ。バットに並べたマグロと鯛に先ほどの漬けダレを加え、冷蔵庫でひと晩寝かせます。加藤さんは「数時間でも味はつくと思いますが、ひと晩置けば“しっとりする”」と指南していました。

 

漬けダレを染みこませたマグロと鯛は、ご飯(200g)の上にトッピング。最後に、卵黄(1個)とあらびき黒こしょう(適量)を加えれば完成です。“白ワイン”を漬けダレにプラスすることがポイントのようで、加藤さんは「日本酒やみりんはちょっと重くなるというか、和の風味が強くなる」「白ワインだとスッキリと爽やかに仕上がるんじゃないかな」とレクチャー。漬け丼を試食した石塚英彦さんは、「まいう~」とコメントしています。

 

刺身のツマもサラダにアレンジ!

加藤さんはマグロと鯛の漬け丼だけでなく、同番組で余ったツマを使用したお手軽サラダも作っていました。

 

さっそくツマをざるに入れた加藤さんは、魚の匂いを取り除くために水で軽く洗っていきます。ボウルにツマを移し、砕いたアーモンド、コーンフレークを投入。ちなみに、味つけはオリーブオイルとナンプラーだけでOKです。具材をしっかりと混ぜ合わせ、お好みで“パクチー”を乗せればできあがり。

 

絶品の漬け丼とサラダを調理した加藤さんに、SNS上では「漬け丼の見た目がすごく美味しそう! みりんや日本酒じゃなくて白ワインを加えるところがおしゃれすぎ…」「スーパーでお刺身を買ったら真似してみます。ツマをエスニック風のサラダに変身させるのは流石だね」といった声が。また実際に作ってみた人も多く、「山椒の香りがアクセントになってる」「思わずやみつきになる味つけ! 白ワインと醤油の風味が相性バツグンでした」などと称賛されています。

 

>>NEXT 料理が上手くなったきっかけは“人見知り”の性格!?

1 / 2 ページ

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る