コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「解凍せずにこの味!?」今すぐ試したい“凍ったまんまレシピ”

家事

2022.01.18

料理をする上で、お肉の解凍が面倒くさいと感じる人は多いのではないでしょうか。電子レンジだと解凍にムラができてしまったり、自然解凍だと時間がかかってしまったりと大変ですよね。今回は、そんな悩みを解消する“凍ったまんまレシピ”をご紹介します。

蒸し焼きで簡単解凍!? 絶品しょうが焼き!

11月29日に放送された『あさイチ』(NHK)では、“凍ったまんまレシピ”をテーマに肉を解凍せずにそのまま調理するレシピを紹介。はじめに、“凍ったまんましょうが焼き”を作っていきましょう。

 

まずフライパンにサラダ油大さじ1を入れて弱めの中火で熱し、豚薄切り肉200gを冷凍のまま加えます。酒大さじ1をふり、フタをして弱めの中火で5分間蒸し焼きに。蒸すことで熱が全体にいき渡ってムラなく解凍されます。

 

肉をほぐしたらしょうゆ大さじ2、砂糖小さじ2、すりおろしたしょうが大さじ1/2を加え、水分がなくなるまで炒めてください。もやし1/2袋を加えてサッと炒め、塩・こしょう各少々で味をととのえたらできあがりです。

 

同レシピを実食したアナウンサーの鈴木奈穂子さんは、「全然硬くない! 柔らかい」「ごはんが欲しい」と感動している様子でした。

弱めの中火がポイント!? 簡単ミルフィーユ!

次もお肉を解凍せずに調理する、“凍ったまんまミルフィーユカツ”をご紹介。博多華丸・大吉の博多大吉さんも「解凍せずに揚げ物までいけるなんて知らなかった」と驚くレシピを見ていきましょう。

 

まず冷凍のままの豚薄切り肉200gを、溶き卵1/2、小麦粉大さじ1、塩・こしょう各少々をよく混ぜた液にくぐらせ、パン粉適量をまぶします。フライパンにサラダ油適量を入れて弱めの中火で熱し、豚肉を入れて片面5分ずつ揚げ焼きにすれば完成。解凍せずにそのまま揚げるので自然にミルフィーユになります。

 

弱めの中火がポイント。油の温度が上がりきらないうちに入れることで、油ハネせず焦げにくくなりますよ。外はサクサク、中はジューシーの同レシピ、ぜひおうちで作ってみてください。

冷凍することによりさらに美味しく!?

以前放送された『ZIP!』(日本テレビ系)では、普通に料理するよりも材料に味が染み込む「下味冷凍調理術」を活用した“チンジャオロース”を取り上げていました。

 

まず冷凍用保存袋にオイスターソース・酒各大さじ1、片栗粉・しょうゆ・ごま油各小さじ1を入れ、さらに牛薄切り肉200g、ピーマン2個、赤パプリカ1/2個、ゆでタケノコ50gを入れてもみ込みます。ピーマン、パプリカ、タケノコはすべて細切りにしてくださいね。空気を抜きながら平らにして袋の口を閉じて冷凍します。

 

冷凍した材料を凍ったままフライパンに入れ、フタをして中火で加熱。フツフツとしてきたら弱めの中火にして5~6分ほど蒸し焼きにします。肉をほぐすように焼き色がつくまで炒め合わせ、器に盛ったらできあがり。

 

肉の解凍は料理をする上で面倒くさい工程の一つ。そんな解凍のプロセスに煩わされることなく美味しく仕上がるレシピをご紹介しました。忙しい夕食の献立に取り入れてみてはいかがでしょうか。

文/内田裕子 ※画像はイメージです
参照/『あさイチ』公式サイト「凍ったまんましょうが焼き」https://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/211129/recipe_1.html
『あさイチ』公式サイト「凍ったまんまミルフィーユカツ」https://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/211129/recipe_2.html
『ZIP!』公式サイト「最新冷凍3大バトル」https://www.ntv.co.jp/zip/tokushu/post/g326omqesg2krsdi.html

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る