コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

1人前たった105円!? 「お手軽ヤンニョムチキン」がマジ旨だった

家事

2022.01.11

昨年12月に放送された『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)では、節約料理のレシピ本が大ヒットした人気インフルエンサー・りなてぃさんが登場。マヨネーズで作る万能つけだれのレシピや、そのたれで作る「ヤンニョムチキン」を紹介していました。

ただ冷凍するだけじゃダメ! 下味冷凍で味が格段に変わる

彼との同棲をきっかけに、節約生活を始めたというりなてぃさん。食材の保存方法にもこだわっていて、番組では特製の「保存万能ソース」で鶏肉を下味冷凍する方法を伝授しています。

 

万能だれの作り方は簡単。鶏肉を保存袋に入れ、マヨネーズ・酒各大さじ1、しょうゆ大さじ1/2、にんにく・しょうが各小々、塩・こしょう各適量を加えて揉みこむだけです。小分けに下味をつけて保存することにより、味が染みて段違いの美味しさに。マヨネーズに入っている酢には保水効果があり、さらに油でコーティングされるため、食材の水分が飛びにくくなる効果もあるそうです。

 

例えばチンジャオロース風に調理すれば、パサつきがないしっとり柔らかいお肉に。鶏チリだと、エビのようなプリっとした食感に仕上がります。さまざまな食材・料理に活用できる、まさに万能つけだれ。食材の保存方法ひとつで味が格段に変わりますよ。

「保存万能ソース」で下味をつけた鶏肉で作る節約「ヤンニョムチキン」

さらにりなてぃさんは、先ほど下味をつけた鶏肉を「ヤンニョムチキン」(2人分)にアレンジ。少なめの鶏肉でも、満足感抜群の一品です。

 

今回はかさましに厚揚げ1枚を使用。まずは水けをとってひと口大に切り、万能だれで下味をつけた鶏胸肉1枚と一緒に小麦粉大さじ2、片栗粉大さじ3の合わせ粉をまぶしてください。油を入れたフライパンで揚げ、表面がきつね色になったら一度取り出します。

 

次はヤンニョムソース作り。コチュジャン大さじ2、トマトケチャップ・酒・砂糖各大さじ1、にんにくチューブ2cm分、しょうゆ・ごま油各大さじ1/2をフライパンで煮込んでいきましょう。後はそこに鶏肉と厚揚げを加え、全体的に絡めれば完成。2人前でたった210円のヤンニョムチキンができあがりました。

「マジで旨い」リュウジさんも太鼓判のヤンニョムチキン

料理研究家のリュウジさんも、自身のYouTubeで「至高のヤンニョムチキン」(1~2人分)を紹介しています。

 

まずピーナッツ適量を粗く刻んでいきます。にんにくは後ですりおろすので、皮をむいておいてください。次に鶏もも肉300gを10等分になるようにカット。塩小さじ1/4、酒大さじ2、おろししょうが3g、黒こしょう適量をかけて揉みこみ、常温で約20分寝かせて下味をつけておきます。

 

続いて酒・トマトケチャップ各大さじ1、コチュジャン大さじ2、味の素3振り、おろしにんにく3g、タバスコ小さじ1を混ぜ合わせてタレ作り。タバスコによって旨味が加わり、さらに美味しくなりますよ。

 

フライパンに底1cmほどの油を入れて中火で熱し、片栗粉適量をまぶした鶏肉を投入。揚がったらキッチンペーパーを敷いたバットに上げておきます。準備しておいたタレをフライパンに入れ、揚げた鶏肉も中へ。タレを絡めて器に盛りつけ、ピーナッツを振れば完成です。

 

実際に試食したリュウジさんは、「マジで旨いっすね!」と太鼓判。お酒に合う甘さ控えめな味つけが絶品です。

 

意外と簡単にできる“ヤンニョムチキン”。自宅で作ってみる価値アリですよ。

文/牧野聡子 ※画像はイメージです
参照/料理研究家リュウジのバズレシピ「あの調味料でヤンニョムチキンは50000倍旨くなる。本気で作る【至高のヤンニョムチキン】」https://www.youtube.com/watch?v=ykmIXT828WU

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る