コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「ハンバーグにも!?」一流和食料理人の“市販のふりかけ”活用術

家事

2021.12.14

日本人なら誰もが食べたことがある“ふりかけ”。毎日ご飯にかけて食べているという方も多いのではないでしょうか? 今回は市販のふりかけを使ったアレンジレシピを紹介。ふりかけの新しい可能性を発見できますよ。

一流和食料理人直伝! 「ゆかり」のハンバーグ

10月放送の『ラヴィット!』(TBS系)では、一流和食料理人考案のふりかけを活用したアレンジレシピを特集。

 

まずは50年以上にわたり愛され続けているロングセラー商品・三島食品の「ゆかり」を使ったハンバーグを紹介します。教えてくれたのは、7年連続ミシュラン一つ星「四谷季旬・鈴なり」の村田明彦さん。

 

まずはみじん切りにした長ねぎ大さじ1(20gほど)と、少し大きめにカットしたえのき大さじ3(50gほど)を準備。ボウルに豚ひき肉200g、ゆかり小さじ2、切った長ねぎとえのき、卵1個、片栗粉大さじ1と1/2、砂糖小さじ1、酒大さじ1を入れてよくかき混ぜます。

 

次にできあがったタネを団子状にして、ごま油大さじ1と1/2を引いたフライパンで焼いていきましょう。キツネ色になったら裏返し、フタをして弱火で約7分蒸し焼きにすれば完成。ゆかりによって肉の香りがさらに引き立った、柔らかハンバーグです。

ふりかけて焼くだけ! 朝ごはんにもピッタリな爽やかトースト

続いて紹介するのは、やさしい辛味と爽やかな酸味が特徴のニチフリ「岩下の新生姜味ふりかけ」を活用した絶品トースト。7年連続ミシュランビブグルマン「オトナノイザカヤ」の中戸川弾さんが考案してくれました。

 

まずは食パン(6枚切り)1枚の上に、ちぎった大葉1枚分を散らします。さらにその上に「岩下の新生姜味ふりかけ」1つまみをふりかけましょう。とろけるチーズ25gを全体に散らし、さらにふりかけ3つまみとオリーブオイル小さじ2もオン。最後にトースターで3~4分焼き上げれば完成です。

 

実際に試食したお笑いコンビ・おいでやすこがのおいでやす小田さんは、「うまいやんか! 生姜すごい」と大絶賛。爽やかな味つけに濃厚なチーズがマッチした、絶妙なバランスが絶品ですよ。

「のりたま」を使った超時短レシピ

丸美屋の公式サイトでも、ふりかけのアレンジレシピを掲載。みんな大好き「のりたま」を使ったお手軽レシピを紹介しています。

 

最初に紹介するのは、のりたまとネギの相性が抜群な「のりたまねぎパン」。まずはみじん切りにした長ねぎ中1/4本を油小さじ1と混ぜ合わせ、食パン1枚にのせましょう。オーブントースターで焼いたら、あとはのりたま大さじ1を上からふりかけるだけ。超簡単なのに、想像以上の美味しさです。

 

お次は「のりたまじゃがバタ」。皮をむいてひと口大にカットしたじゃがいも中2個を茹でてボウルに入れ、バター10g、のりたま大さじ1も加えて混ぜ合わせるだけででき上がり。忙しいときに助かる、超時短レシピです。

 

ご飯にかけるだけではなく、料理の幅をグッと広げてくれる“ふりかけ”。上手に活用すれば、料理のレパートリーが増えそうですね。

文/牧野聡子
参照/『ラヴィット!』公式Instagram「tbs_loveit」https://www.instagram.com/p/CVhD9R1NE2n/
『ラヴィット!』公式Instagram「tbs_loveit」https://www.instagram.com/p/CVhEAPmNfe0/
丸美屋公式サイト/レシピくらぶ「のりたまねぎパン」https://www.marumiya.co.jp/cms/web/viewrecipe/1/3026
丸美屋公式サイト/レシピくらぶ「のりたまじゃがバタ」https://www.marumiya.co.jp/cms/web/viewrecipe/1/3027

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る