コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

紅生姜が合う!アレンジ餃子でビールがぐいぐい飲めちゃう

家事

2021.11.03

晩御飯のおかずやビールのおつまみにもなる「餃子」ですが、毎回同じ味だとさすがに飽きてしまいますよね。そこで今回注目したのは、餃子の最強アレンジレシピ。餃子マニア・塚田亮一さんイチ押しの簡単&ビールに合うアレンジ餃子をご紹介します。

マツコさんを唸らせたアレンジ餃子は…

塚田さん流アレンジ餃子が特集されたのは、10月12日放送の『マツコの知らない世界』(TBS系)。まずは実食したマツコ・デラックスさんを「美味しい!」と唸らせた、「紅生姜餃子」の作り方に注目していきましょう。

 

材料は餃子の皮15枚、鶏ミンチ(鶏もものひき肉)120g、卵1個、木綿豆腐・紅生姜各50g、キャベツ100g、しょうゆ大さじ1、和風だし・ごま油・みりん各小さじ1、水小さじ2。

 

豆腐と紅生姜、餃子の皮以外の材料で餡を作り、そこへ水きりした豆腐と刻んだ紅生姜を加えて混ぜ合わせます。このとき、紅生姜は軽く絞った状態で入れるのがポイント。塚田さん曰く、そのまま入れると餃子がしょっぱくなってしまうそうです。あとは餃子の皮に餡を包み、フライパンで蒸し焼きにすればできあがり。

 

紅生姜餃子は全国3000軒以上の餃子を食べ歩いてきた塚田さんの“超自信作”なので、餃子が好きな方はぜひ試してみてくださいね。

餃子×チーズ×ソーセージ=ビールと相性抜群!

餃子×チーズの組み合わせを楽しみたい方には、「ソーセージチーズ棒餃子」もおすすめ。作り方はソーセージ1本をスライスチーズ1/2枚で巻き、それをさらに餃子の皮1枚で棒餃子のように包み込んでいきます。

 

最後に油を敷いたフライパンで餃子を焼き、全体に焼き目をつけたら完成。ソーセージの旨味とチーズのコク、餃子の皮から感じる小麦の香りはビールと相性抜群ですよ。

 

いつもの餃子に何か“ちょいたし”したいときは、焼肉のタレと酢を混ぜ合わせた「よだれ鶏風ダレ」がぴったり。用意する材料は、焼肉のタレ大さじ2、酢大さじ1、みじん切りにした長ねぎ5g程、ラー油5滴。作り方は材料をすべて混ぜ合わせるだけと簡単です。

 

実際によだれ鶏風ダレを試してみた人からは、「よだれ鶏風ダレと餃子が合わないわけがない。即リピ決定!」「余計な手間をかけずにいつもの餃子が2度楽しめるのが嬉しい」といった反響が相次いでいました。

寒い季節にぴったり!「餃子グラタン」

餃子のアレンジレシピといえば、「餃子の王将」のYouTubeチャンネルにて「餃子グラタン」が紹介されたことも。

 

材料は餃子の王将のお持ち帰り生餃子6個(1人前)、スライスした玉ねぎ1/4個、ホワイトソース100g、とろけるチーズ40g、パン粉少々、乾燥パセリ適量です。

 

あらかじめ弱火で3分茹でておいた餃子を耐熱皿に入れ、スライスした玉ねぎを餃子の上へ。さらにホワイトソース、とろけるチーズ、パン粉を順番にのせて、オーブンで4分加熱していきます。最後の仕上げにパセリを散らせば、「餃子グラタン」のできあがり。

 

餃子×グラタンという一見珍しい組み合わせですが、ネットの評判は「思いのほかパパっと作れるうえ、これ1品だけでも食べごたえ抜群!」「これからの季節にぴったりかも」などとかなり好評でした。

 

ちょっとした工夫でさまざまなアレンジが可能な「餃子」。マンネリ打破に加えて、料理のレパートリーもグンと広がりそうですね。

文/内田裕子  ※画像はイメージです。
参照/『マツコの知らない世界』「tbs_matsukosekai」https://www.instagram.com/p/CU7et64JPa_/
『マツコの知らない世界』「tbs_matsukosekai」https://www.instagram.com/p/CU7enPkJYHS/
『マツコの知らない世界』「tbs_matsukosekai」https://www.instagram.com/p/CU7ebxLpgaU/
餃子の王将公式YouTube「【餃子の王将公式レシピ】生餃子のアレンジレシピ:餃子グラタン」https://www.youtube.com/watch?v=5mbhPDjJ2wM

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る