コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

メモ必須!話題の大根使い切りレシピに「めちゃめちゃ旨い」

家事

2021.10.07

11月から2月あたりに旬を迎える大根。煮てもよし、焼いてもよし、生でおろしてもよしと食卓で大活躍してくれますが、ついつい余らせがちな食材でもありますよね。今回は、そんな悩みを解消するアレンジレシピをご紹介。絶品大根料理に挑戦してみましょう。

大根がメインディッシュに?

9月2日に放送された『バゲット』(日本テレビ系)では、「大根使い切りレシピ」をテーマに、大根を使った様々なレシピが登場。はじめに、甘みと辛みのバランスが良い大根の中央部を使って“ダイコンステーキ”を作っていきます。

 

まず大根約8cmを2cmの幅に輪切りをして、皮を剥きます。ここで隠し包丁を入れるのがポイント。断面の上部には幅・深さ5mmの格子状に切り込み、断面の下部には深さ5mmで十字に切り込みを入れます。

 

耐熱皿に入れてラップをかけ、600Wで約6分加熱。水けをきり、フライパンで両面に焼き色がつくまで焼きましょう。両面に焼き色がついたら、火を弱めてバター10gとしょうゆ大さじ1を加え、仕上げに鰹節適量を散らせばできあがり。

 

完成したステーキを食べた尾崎里紗アナウンサーは、「ウソでしょってぐらい柔らかい」「おいしい!」と興奮した様子でした。

大根が三役に? 意外性抜群の超ヘルシー料理!

次に、余らせがちな葉と根の近くの部分を使って、尾崎里紗アナウンサーが「大根って何役にもなれるんだ」と感心する“大根ギョーザ”を作りました。

 

まず大根約8cmを皮付きのままスライサーで薄切りにして、塩をふって水けを抜きます。豚ひき肉120gに、塩・こしょう少々、しょうゆ・ごま油各小さじ1を加えよく混ぜてください。さらに片栗粉小さじ1、みじん切りにした大根と大葉4枚を加え粘りが出るまでこねます。

 

薄切りの大根をキッチンペーパーなどで水けをきり、片栗粉を片面にふってください。肉餡をのせて半分に折り、餃子の形にしていきます。

 

フライパンに餃子を並べて中火で焼き、焼き色がついたら裏返し、水を加えてフタをして2分間蒸し焼きにすればできあがり。タレとして大根の先端を大根おろしにして、おろしポン酢にするのもおすすめですよ。

煮るより焼く? 超簡単バズレシピ!

1月27日に公開されたYouTubeチャンネル「料理研究家リュウジのバズレシピ」では、「フライパン一つでできる激ウマレシピ」と称して大根を使ったレシピが登場。フライパンでさっとできる“焼き豚バラ大根”を作っていきます。

 

まず大根200gを洗って、皮は剥かずに8mm幅ほどのいちょう切りに。しょうが10gをせん切りに、豚バラ肉150gを3㎝幅に切ったら下ごしらえは完了です。

 

フライパンにサラダ油小さじ1半~2ほどを引き、フライパンが温まったら豚バラ肉を1枚ずつ広げながら投入。塩ひとつまみを入れたら中火で加熱し、豚バラ肉の脂が出始めたらしょうがを、脂がしっかり出てきたら大根を投入します。

 

豚バラ肉の脂を大根にしみさせるように炒めていき、大根が照ってきたらしょうゆ・みりん各大さじ1、お酒大さじ2、味の素3ふり、砂糖小さじ1を入れて煮絡めるように炒めてください。大根が柔らかくなってきたらできあがり。盛りつけた後に小ネギ適量で彩りを加えても良いですね。

 

完成した豚バラ大根を食べたリュウジさんは、「めちゃめちゃ旨い」と大興奮のようでした。余らせがちな大根を上手に活用できる裏技レシピ。みなさんも是非ご家庭で真似してみてください。

文/牧野聡子
参照/『バゲット』公式instagram「大根ギョーザ」https://www.instagram.com/p/CTTRT1opiMI/
『バゲット』公式instagram「ダイコンステーキ」https://www.instagram.com/p/CTTQlKUpCHn/
リュウジ公式YouTube動画「マジで大根一本余裕です。煮るより『焼き』が早くてウマい!!【焼き豚バラ大根】」https://www.youtube.com/watch?v=eSbOAGcPZZs

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る