コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「そうめんが余った…」そんな家庭に伝えたい脱マンネリ料理

家事

2021.10.18

夏の定番料理であるそうめん。いつも同じ食べ方で飽きてしまったり、涼しくなってきてもてあましたりしていませんか? 今回はそうめんを美味しく食べられるアレンジレシピをご紹介します。

カリカリもちもちのそうめんじゃがいもチーズガレット

8月28日に放送された『王様のブランチ』(TBS系)では、簡単に食べられるそうめんのアレンジレシピを特集。管理栄養士の田部晴菜さんが厳選レシピを紹介してくれました。

 

1つ目はカリカリもちもちの食感が魅力の「そうめんとじゃがいものチーズガレット」。

 

じゃがいも1個の皮をむき、芽を取り除いて細切りにしておきます。そうめん100gをパッケージの表記通りに茹でたら、流水にさらして水けをきり5cm幅にカット。じゃがいもと合わせ、ピザ用チーズ50g、片栗粉大さじ3、塩小さじ1/4、黒こしょう小さじ1/4を加えよく混ぜ合わせましょう。

 

オリーブオイル大さじ1を熱した小さめのフライパンに流し入れ、フライ返しで押しつけながら中火で焼いてください。中に火が通るまで5分ほど焼いたらひっくり返し、裏面も上からフライ返しで押しながら7分ほど焼けば完成です。

 

試食したタレントの横澤夏子さんは「モチモチ最高そうめん美味しい~!」と、外はカリッと中はもっちりの仕上がりに感動していました。

そうめんが皮代わりの絶品シュウマイ

次に紹介するのは皮の代わりにそうめんを使った「そうめんリメイクふわふわシュウマイ」。

 

まずは玉ねぎ40gときくらげ40gを粗みじん切りにします。続いてそうめん60gを1cm幅に折り、ボウルに入れてください。別のボウルへ先ほど切った玉ねぎときくらげ、鶏ひき肉150g、片栗粉大さじ1、すりおろし生姜小さじ2、オイスターソース小さじ2、ごま油小さじ1、鶏ガラスープの素小さじ1/2を合わせて粘り気がでるまでしっかりとこね、6等分にして丸く成形します。

 

先ほど折ったそうめんをまぶしたら、レタス50gを敷いた耐熱皿に並べてください。600Wの電子レンジで6分加熱したらできあがり。ポン酢でさっぱり食べるのがおすすめですよ。

 

タレント・櫻井海音さんも「んー! 美味しい!」「きくらげのコリコリ感がすごく美味しい!」と大絶賛していました。

そうめんの簡単洋風アレンジレシピ

そうめんのアレンジレシピは他にもさまざまなところで取り上げられています。以前放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)では、「創作そうめん女子会」というコーナーでそうめん研究家のソーメン二郎さんがレシピを紹介。そうめんの洋風な食べ方を披露しました。

 

まずは「そうめんピザ」。天板にオーブンシートを敷き、茹でたそうめん2束を薄く広げます。全体にピザ用ソース大さじ2を塗り、輪切りにしたピーマン1個と斜め薄切りにしたソーセージ4本をトッピング。ピザ用チーズ60gを乗せ、230℃で予熱したオーブンで約10分焼いたらできあがりです。

 

続いて紹介するのはスイーツ感覚で味わえる「巻きそうめんのクロワッサン風味」。茹でたそうめん1束に、溶かしバター20gとグラニュー糖大さじ2を混ぜます。箸でそうめんを巻いたら、オーブンシートを敷いた天板に並べてください。200℃に予熱したオーブンで15分ほど焼いたら完成。お好みでチョコレートをコーティングしてもおいしくいただけます。

 

いつもの食べ方に飽きたら、一風変わったアレンジレシピをぜひ試してみてください。

文/牧野聡子

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る