コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

瀬戸康史さんが絶賛した“台湾カステラ”レシピ「しっとり感がたまらん…」

家事

2021.11.13

多くのファンを獲得し続けている「台湾スイーツ」ですが、最近は「台湾カステラ」が特に人気の様子。今回は8月放送の『グレーテルのかまど』(NHK)で紹介された“台湾カステラの作り方”をみていきましょう。

本場の台湾カステラを再現!?

同番組が注目したのは、実際に台湾で調理&販売しているアメイさんの「台湾カステラ」。番組HPには“アメイさんの台湾カステラ”を再現したレシピが掲載されているので、さっそく作り方を確認していきましょう。

 

まず50℃のお湯で湯せんした太白ごま油70gに薄力粉100gを加え、泡立て器でよく混ぜます。攪拌したら、40℃に温めた牛乳90mlを3回に分けてたしながら、さらに混ぜましょう。続いて卵黄120g(Mサイズ6個分)も2~3回に分けて加え、混ぜ合わせてください。

 

ここまで終えたら、次の工程はメレンゲ作り。別のボウルに入れた卵白180g(Mサイズ6個分)を泡立て器で混ぜ、卵白が白くなったタイミングでグラニュー糖100gを入れます。3回に分割して投入し、しっかり混ぜ合わせればメレンゲの完成。後はメレンゲと生地を合わせ、ゴムベラで下から上へすくいあげるようにミックスしたら、下準備は完了です。

瀬戸康史さんもすっかり虜に…

残すはオーブントースターで加熱する工程のみ。オーブンペーパーを敷いた型に生地を流し入れ、表面をならします。続いてペーパータオルを敷いたバッドに型を置き、型の3分の1の高さまでお湯をイン。150℃のオーブンで約50分湯せん焼きし、焼き上がったら4等分にカットしましょう。

 

仕上げにホイップクリーム150gをトッピングすれば「台湾カステラ」のできあがりです。同番組ではMCである俳優の瀬戸康史さんが調理に挑戦。自作のカステラを試食したところ、「しっとり感がたまんないね」と大絶賛していました。

 

ネット上でも「作ってみたけど、とにかく最高においしい…」「日本のカステラとちょっと違う味わい。1度食べたら病みつきになる」など好評の声が相次いでいます。

ぷるぷる食感の台湾カステラって?

料理研究家の友加里さんも、自身のYouTubeチャンネルで“ぷるぷる食感の台湾カステラ”を披露。さっそく作り方をチェックしましょう。

 

まずボウルにサラダ油50gを入れて600Wの電子レンジでラップをせずに50秒温めます。油が温かいうちに薄力粉70gをふるいにかけながら投入し、一気に混ぜましょう。次に600Wのレンジで30秒加熱した牛乳70gもたし、さらに混ぜ合わせます。しっかり混ぜたら卵黄4個を1つずつ加えながら混ぜ、最後にバニラオイル(バニラエッセンスでもOK)10滴を入れて混ぜてください。

 

次のステップはメレンゲ作り。ボウルに卵白4個分を加え、泡立て器(高速)で30秒ほど混ぜ合わせます。泡っぽくなった頃合いでグラニュー糖35gをプラスし、高速で1分ほど泡だてましょう。泡だってきたら、再びグラニュー糖35gを入れ、今度は低速で2分ほど攪拌。ピンとツノが立てばOKです。

 

卵黄の生地にメレンゲをひとすくい分を入れ、しっかりミックスして生地とメレンゲをなじませます。同じ工程をもう一度くり返して混ぜたものを、今度はメレンゲのボウルにすべてイン。“アメイさんの台湾カステラ”と同じく、下からすくい上げるように混ぜ合わせ、150℃のオーブンで60分湯せん焼きすれば調理完了です。

 

おうちで絶品スイーツを楽しみたいときは、今回紹介したカステラレシピを真似してみてはいかが?

文/内田裕子  ※画像はイメージです。
参照/『グレーテルのかまど』公式サイト「~アメイさんの台湾カステラ~より」https://www.nhk.or.jp/kamado/recipe/355.html
料理研究家 友加里公式YouTube「超ふわふわ! 台湾カステラの作り方♪ 話題のカステラスです☆ Taiwan Castella Cake Recipe-【スイーツ】【卵料理】【たまごソムリエ友加里】」https://www.youtube.com/watch?v=WS52S-eDw5o

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る