コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

業務田スー子さんの“超高速親子丼”「普通に作るより美味しいんですけど」

家事

2021.08.31

毎日仕事や育児で忙しいと、手軽に作れるレシピに頼りたくなりますよね。そこで今回は、8月2日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)で紹介された“超簡単激安レシピ”をピックアップ。レシピをマスターしたら、きっと調理時間の短縮に役立ちますよ。

10分たらずで作れる「韓国風うどん」と「親子丼」

同番組には業務用スーパーのヘビーユーザーとしてお馴染みの業務田スー子さんが登場しました。

 

まず注目したい“業スー商品”は、いんげんとにんじん、たけのこ、きくらげが入った「中華野菜ミックス」。この商品は具材が同じ大きさにカットされているため、炒めた際に火が均一に通りやすくなっています。

 

気になるのはアレンジレシピですが、業務田スー子さんは、これに豚肉とうどん、プルコギのタレを組み合わせた「韓国風うどん」を披露。

 

具体的な作り方は、まずごま油適量を引いたフライパンで豚肉160gを炒めてください。肉に火が通ったら中華野菜ミックスとうどん2袋を投入してさらに加熱。仕上げにプルコギのタレ大さじ5を加え、1分30秒ほど温めれば調理完了です。

 

10分ほどで作れるお手軽メニューなので、パパっと食事の支度を終えたいときに重宝するはずですよ。

業スー商品のおかげで「普通に作るよりおいしい」

次に登場した“業スー商品”は「鶏もも串」。業務田スー子さんは、5分以内で作れる「超高速親子丼」にアレンジしています。

 

作り方を見ていくと、最初に水100ml、「鶏もも串」についている焼き鳥のタレ大さじ3、串から取り外した焼き鳥3本分を鍋にイン。ひと煮立ちするまで温めた頃に、溶いた卵2個をプラスしてください。とりもも串はもともと加熱済みのため、少し煮るだけでOKです。

 

後はお好み量の温かいご飯を器に盛って卵でとじた焼き鳥と三つ葉適量をのせれば、調理終了。実際に自作の“超高速親子丼”を食べた業務田スー子さんは、「お肉がめちゃくちゃジューシー」「1本20円の焼き鳥を使っているとは思えない」と自画自賛していました。

 

ネット上でも「超簡単なのに、普通の親子丼よりもおいしい…」「味つけがタレを入れるだけって簡単すぎる」などの声が後を絶ちません。

甘納豆で北海道に行った気分を満喫!?

2種類のお手軽レシピに注目しましたが、業務田スー子さんは自身のオフィシャルブログでも業スー商品を使用したレシピを紹介。8月8日に更新されたブログでは、78円で購入できる“甘納豆”を取り上げています。

 

同記事によると、甘納豆2袋を赤飯の具材として活用。具体的な作り方は、はじめにもち米3合、3合分の水、少量の水で溶いた食紅適量をお釜に入れてください。炊飯器で炊き上げたら、さっと水洗いした甘納豆を投入して蒸らしの工程に。加熱前に入れると煮崩れが起きる可能性があるので、甘納豆を加えるタイミングは間違えないようにしましょう。

 

蒸らし終わったら「北海道のお赤飯」のできあがり。業務田スー子さんは同メニューに対して、「甘じょっぱい味最高っ!」「たった78円で北海道に行った錯覚を起こせるので、数万円分の節約になる」とコメント。また“しょっぱさ”を加えるのがおすすめのようで、「(トッピングとして)あと絶対紅しょうが必須!」と説明していました。

 

普段から「食費を抑えたい」「時短したい」と思っている人は、ぜひ業務田スー子さんの調理テクを真似してみては?

文/内田裕子 ※画像はイメージです
参照/『ヒルナンデス!』公式サイト「業務スーパー」https://www.ntv.co.jp/hirunan/onair/monday/
業務田スー子オフィシャルブログ「業ス】祖母の味~♪ 北海道のお赤飯は甘じょっぱくて最高!」https://ameblo.jp/suuko-gyomuda/entry-12691042167.html

KEYWORDS関連キーワード
あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る