コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

30秒でこの味!? 料理上手なこがけんさんが驚愕したスピード料理

家事

2021.09.05

時間をかけた料理はおいしいものの、毎回作るのはめんどうですよね。7月に放送された『サタデープラス』(TBS系)では、料理上手なお笑い芸人のこがけんさんと、エイトブリッジ・別府さんが秒速レシピに挑戦。30秒もかからない料理に注目が集まっています。

秒速でおしゃれなマリネを作れる!?

まず紹介するのは色味の鮮やかな「タコとトマトのマリネ」。おもな材料は、あらかじめカットされたタコぶつ約60gとミニトマト5個です。

 

はじめにチューブにんにく小さじ1、オリーブオイル小さじ2、塩、砂糖各小さじ1/4、酢大さじ1、乾燥パセリ適量をよく混ぜましょう。混ぜ終わったら、タコぶつをそのまま加えてください。

 

次にミニトマトを半分にカットしますが、切り方が時短のポイント。ミニトマト全量を2枚の皿で挟み、皿の間に包丁を通すと一瞬で大量にカットできます。

 

あとは切ったミニトマトをボウルに入れて、軽く和えれば完成。気になる調理時間は26.07秒と、元板前のこがけんさんも驚く速さです。もちろん味も絶品で、試食した別府さんは「酢の味がスーって入っていく」と満足した様子でした。

10秒台でおかずが完成

さらに時短を目指したい人には「棒々鶏」がおすすめ。普通に作ると20分以上かかりそうですが、番組で紹介したレシピなら調理時間はわずか17.70秒だと言います。

 

用意する材料は、市販のサラダチキン1個、しょうゆ・砂糖・酢各小さじ1のみと、かなりお手軽。作り方も簡単で、まずサラダチキンを薄切りにして皿に盛りつけ、しょうゆ・砂糖・酢を混ぜ合わせ、上からかけるだけで完成です。味のついたサラダチキンを使うことで、少ない調味料でも本格的な中華の味わいを再現できますよ。

 

実際に料理を作った視聴者も、「おかずが物足りない時でもパッと作れて助かってる」と絶賛。「準備する材料が少ないから楽でいいね」「味がしっかりしてて手抜き感がない!」など驚きの声が相次いでいます。

冷凍食品を賢く活用!

さまざまな時短料理を見てきましたが、こがけんさんは『パパジャニWEST』(TBS系)でも自作の「Wクリームハンバーグ」を披露しています。

 

作り方は、まず牛と豚の合いびき肉適量をボウルなどに入れて混ぜ合わせ牛乳に浸したパン粉・塩各適量も入れてさらに混ぜます。混ぜるときは塩を振りかけた氷入りのボウルを下から当てて冷やしながら行うと、ハンバーグの脂身が溶けず割れにくくなります。

 

さらに塩・ケチャップ・オイスターソース各適量を投入。溶いた卵適量も加えてよくこねれば、肉ダネ作りは完了です。

 

ハンバーグの中の“クリーム”用に、市販の冷凍カニクリームコロッケをハンバーグの個数分用意。500Wの電子レンジで10秒×2回温めたら、肉ダネで包んで焼いてください。時短になるほか、衣に包まれているので、ハンバーグからクリームが飛び出す心配もありません。

 

ハンバーグを焼いている間に、別の鍋に牛乳、生クリーム各適量と粉末のポタージュの素1袋を入れ、ソースを作りましょう。細かくカットした赤・黄パプリカ各1個、皮をむいた枝豆適量を加えると、彩り豊かなソースができあがります。

 

皿にソースを敷き、上に焼けたハンバーグをのせれば、レストランのようなおしゃれな仕上がりに!

 

定番料理に飽きてきたら、今回紹介したアイデアを活用して、手軽にクオリティの高いのおかずを作ってみては?

文/牧野聡子  ※画像はイメージです。
参照/『サタデープラス』公式サイト「秒速レシピランキング」https://www.mbs.jp/saturday-plus/archive/20210724/

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る