コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

そんな調理があったか!? 国分太一さんも唸る“納豆アレンジレシピ”

家事

2021.07.06

日本の食卓に欠かせない発酵食品といえば「納豆」ですよね。そのまま食べる人は多いと思いますが、レシピの食材として使用するのもアリ。今回は6月放送の『男子ごはん』(テレビ東京系)で紹介された、“納豆活用レシピ”をチェックしていきましょう。

炊飯器に納豆をイン!?

同番組のキャストである料理家・栗原心平さんは、1品目に「納豆炊き込みごはん」の作り方をレクチャー。さっそくレシピを見ていくと、最初に米2合を洗って水けを切っていきます。

 

続いて炊飯釜に米を投入したら、酒、みりん、薄口しょうゆ各大さじ1、塩小さじ1、かつおだし285ccをミックス。調味料の水分量が330ccになるよう調節し、炊飯器に加えてください。

 

さらにツナ缶大1缶分、ツナ缶の汁大さじ1/2、納豆(大粒)2パックもイン。納豆を軽くほぐし、普通の炊飯モードで炊きましょう。後は器によそって、小口切りにした万能ねぎ適量をトッピングすれば完成です。

唐揚げとも相性抜群?

次に注目する逸品は「納豆タルタルの納豆唐揚げ」。気になる作り方は、まずボウルに約10等分に切った鶏もも肉320g、おろしにんにく・おろししょうが各1片分、しょうゆ大さじ1と1/2、酒大さじ1、砂糖小さじ1、豆板醬小さじ1/2、ひきわり納豆1パックを入れてミックスします。混ぜ終わった後に片栗粉大さじ5も足してよく和えれば、唐揚げのたねの下準備は完了。

 

続いて納豆タルタルの準備に。ハンドミキサーの容器にひきわり納豆1パック、マヨネーズ大さじ2、酢・しょうゆ各大さじ1、砂糖小さじ1/2を入れます。ミキサーで滑らかになるまで攪拌したら、みじん切りにした玉ねぎ30g、ゆで卵1個を投入してください。

 

卵を潰しながら混ぜたところでタルタルのできあがり。後は180℃に熱した揚げ油に唐揚げのたねを適量ずつ落とし入れて、中火で揚げるだけです。衣が固まってきた頃合いで、たまに唐揚げを返しながら5分揚げましょう。仕上げにサラダ菜適量&唐揚げを皿に盛り、納豆タルタルを添えれば完成。

 

実食したMCの国分太一さんは「最高だね」とコメントし、さらに「最初サクサクしてるんだけど、その後噛んでいくうちにトローンと変わる」とレビューしていました。

ミツカン考案の納豆レシピ!

栗原さん流の納豆レシピは好評のようで、ネット上には「納豆の炊き込みご飯と唐揚げが超絶ウマい…」などの声が後を絶ちません。

 

納豆を活用した料理を取り上げましたが、実は以前放送された『林修の今でしょ! 講座』(テレビ朝日系)でも納豆のアレンジレシピを紹介。

 

たとえばミツカンが考案した「泡立ちおろし酢納豆」の作り方を見ていくと、まず「ミツカン 金のつぶ とろっ豆」2パックの納豆に添付のたれと「ミツカン 穀物酢」大さじ1~2、粗塩2つまみを入れて混ぜ合わせます。

 

泡が立ったタイミングで、軽く水けを切った大根おろし大さじ4~5に納豆をたせば調理完了。塩(分量外)で味つけした大葉(みじん切り)適宜をプラスしてもおいしくなるそうです。

 

意外とアレンジ方法が多い納豆レシピ。納豆を余らせがちな人は、ぜひ取り入れてみてくださいね。

文/牧野聡子
参照/『男子ごはん』公式サイト「納豆炊き込みごはん」https://www.tv-tokyo.co.jp/danshigohan/recipe/210613/recipe_629.html
『男子ごはん』公式サイト「納豆タルタルの納豆唐揚げ」https://www.tv-tokyo.co.jp/danshigohan/recipe/210613/recipe_631.html
『林修の今でしょ! 講座』公式サイト「大ヒット商品を医学と科学で斬ってみた! 2500億円市場に拡大 納豆編」https://www.tv-asahi.co.jp/imadesho2021/osarai/0051/

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る