コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

一流料理人の “最強TKGレシピ” 美味しさが予想を超えてきた…!

家事

2021.07.03

TKGこと卵かけご飯をおいしく食べるため、アレンジに試行錯誤しているという人も多いのでは? 5月放送の『ラヴィット!』(TBS系)では、一流和食料理人が考案した“最強TKGレシピ”が紹介されました。

アボカド×クリームチーズの“洋風TKG”

まず注目したのは、和食料理屋「旬菜 おぐら家」の堀内誠さんが考案した「アボカド×クリームチーズ卵かけご飯」。安くてコスパがいいおすすめ店を指す“ビブグルマン”に7年連続で認定された、名店の店主が教えるメニューに期待が高まります。

 

作り方はとても簡単。最初にアボカド1/2個を角切りにし、しょうゆ適量をかけてください。さらにサイコロ状に切った適量のクリームチーズを混ぜ、ご飯の上にオン。あとは卵1個をのせれば完成です。

 

アボカドとクリームチーズは食感が似ているため、味が馴染みやすいそう。披露した堀内さん自身も「外さない味」だと自信に満ちた表情を見せていました。

しょうゆ麹の深みが決め手の“最強TKG”

同放送で紹介された9つのTKGの中で、“最強TKG”として最も評価を集めていたのが「すぐき漬け×しょうゆ麹卵かけご飯」。石川・能登の海の幸が堪能できる名店「銀座ふる田」の古田浩人さんが伝授してくれました。

 

材料として登場したのが、京都三大漬物の1つである「すぐき漬け」。乳酸菌が豊富で体にも嬉しい食材です。

 

まずお茶碗にご飯を盛り、すぐき漬けと卵1個をのせましょう。これにしょうゆ麹をかければあっという間にでき上がり。たったこれだけで最高の味が堪能できるなんて、にわかに信じがたいですよね。

 

実際に試食したお笑いコンビ・EXITのりんたろー。さんも「すぐき漬けがアクセントになっていて、しょうゆも麹だからちょっと深みが出ておいしい」と絶賛。視聴者からも「私もやってみたい!」「しょうゆ麹をかける卵かけご飯ってどんな味なのか気になる」といった声が上がっていました。

TKGのご飯は“硬め”が良い!?

テレビだけでなく、YouTubeにも卵かけご飯をピックアップしている一流料理人が。

 

代々木上原のミシュラン1つ星店「sio」のオーナーシェフ・鳥羽周作さんのYouTubeチャンネルでは、“僕が好きな「卵かけご飯アレンジ」”を紹介しています。鳥羽さんが自ら「神」だと評価するレシピの作り方を見ていきましょう。

 

まずお茶碗にご飯適量を盛ります。次に卵1個としょうゆを混ぜ、ご飯にかけてさらにかき混ぜましょう。続けてしらすをのせ、牡蠣しょうゆを投入。最後にオリーブオイルをかければ完成です。動画内では鳥羽さんイチオシの逸品である和歌山県のしらす屋「山利」の釜あげしらすと、「セドリック・カサノヴァ」のシチリア産オリーブオイルを使用していました。

 

また“卵かけご飯に合う「ご飯の炊き方」”も丁寧に解説。例えば卵かけご飯の卵は、溶いてからご飯に混ぜるのが鳥羽さんのおすすめ。よく溶きほぐすことで、ご飯と卵が均一に混ざっておいしくなるそうです。そのほか、卵かけご飯のときは硬めにご飯を炊くのがポイントだと教えてくれました。

 

予想以上にバリエーション豊かな卵かけご飯のアレンジレシピ。ちょっとした工夫でいつものTKGをグレードアップしてみては?

文/牧野聡子
参照/鳥羽周作公式YouTube「ミシュランシェフが教える最高の朝ごはん【#シズる vol.1】」https://www.youtube.com/watch?v=k_8ffdRpax0

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る