コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

キンプリ・岸優太さんも仰天!玉ねぎカットで涙が出ない超意外な方法

家事

2021.01.14

 

天日干しで「ケセルチン」が倍増!?

調理せずに“生の状態”でも食べられる玉ねぎですが、実は血管を丈夫に保護してくれる栄養成分「ケセルチン」が含まれているそうです。昨年8月に放送された『美と若さの新常識』(NHK)では、玉ねぎのケセルチンを増やす方法を伝授。栄養素を効率良く摂取するために、“皮を剥いてから窓際で1週間干すこと”をすすめていました。

 

とはいえ、1週間も干すのは少しめんどうですよね。そこで北見工業大学の名誉教授・山岸喬先生は、「1枚ずつバラバラにしてやると、短時間でケセルチンができます」とアドバイス。玉ねぎを1枚1枚分けることで日光に当たる量が一気に増えるため、1週間がたったの“2日間”に縮まりますよ。

 

玉ねぎを普段から使う人は、今回取り上げた“活用テクニック”をぜひ参考にしてみは?

 

関連記事:電子レンジで!玉ねぎの万能ソースが大好評「何にでも合う!」

 

文/内田裕子

2 / 2 ページ
あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る