コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

加藤浩次さんが「うめぇ!!なにこれ!?」と驚愕した“TKG”レシピ

家事

2021.01.12

20秒レンチンするだけ!?

普通に食べてもおいしい卵かけご飯ですが、実は“普通の卵”をワンランクアップさせるテクニックが。以前放送された『すイエんサー』(NHK)では、“卵を手で温めること”をすすめていました。

 

やり方は非常にシンプルで、冷蔵庫から出した卵を手の平で30分覆うだけ。人間の舌は高い温度の方が“食べ物の旨味”を強く感じられるため、手で温めるとより効果的だといいます。

 

とはいえ、30分も卵を温めなければいけないのは少々めんどうですよね。そんな時は“冷蔵室から出した卵”をご飯の上にのせて、500Wの電子レンジで20秒温めればOK。あっという間に手で温めた場合と同じくらいの温度になりますが、同番組の公式サイトでは「黄身を崩さないまま電子レンジで加熱すると黄身が破裂する可能性があります。しっかり混ぜてから加熱してください」と注意喚起されていました。

 

いつものTKGとは少し違う味わいを楽しみたい人は、今回紹介したプロ直伝の“TKGレシピ”にチャンレンジしてみては?

 

関連記事:

卵かけご飯の作り方【卵黄の醤油漬けで超濃厚】

料理長の極上卵かけご飯「冷蔵庫にある想定外の組み合わせ」

 

文/牧野聡子

2 / 2 ページ
あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る