コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

きゅうりを贅沢な一品に変える“アレンジレシピ”。お酒にもあいそう!

家事

2020.09.27

きゅうりのつくだ煮は副菜にも最適

「きゅうりを買ったけど結構余ってる」という場合には、保存食にできる「きゅうりのつくだ煮」がおすすめです。下準備は先ほどの「きゅうりのかすもみ」と同様、きゅうり(約10本・1kg)を薄切りにして塩(きゅうりの重さの2%・約20g)を振ればOK。

 

ボウルに入れたきゅうりの上には“重し”を置き、そのまま常温でひと晩漬けておきます。その後きゅうりの水けを取り除いて、鍋の中に投入。

 

千切りにしたしょうが(20g)、小口切りにした赤トウガラシ(2本)、砂糖(50g)、酢(80ml)、醤油(80ml)も加えたら、中火で20分間煮つめてください。きゅうりの色が“真っ黒”になれば完成の合図。パリッとした歯ごたえで、そうめんや冷や麦の副菜に最適ですよ。

 

>>NEXT 「きゅうりダイエット」は意味がない?

2 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る