コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

肉専門店の社長が“旨みたっぷり”すき焼きを伝授!「余ったご飯はリゾットに」

家事

2020.07.13

2021.08.02

あの有名店のスパイスが大活躍

他には、日本最大級のデリバリーサービス「出前館」の代表取締役・中村利江さんも登場。普段から作っている時短料理「なんちゃってタンドリーチキン」を紹介してくれました。

 

作り方は、まずジップ袋の中にカットしたとり肉とヨーグルト、生姜を入れてから約1分間揉みこみます。次いで秘伝のスパイスとしてCoCo壱番屋の「とび辛スパイス」をトッピング。揉みこんだ後は耐熱容器に盛りつけ、再び「とび辛スパイス」を加えてください。最後に魚焼きグリルで約7分焼き上げたらできあがりです。

 

社長たちによる“おうちご飯”を調理した人からは、「『タンドリーチキン』はほとんど洗いものが出ないので超助かる」「トマトすき焼きを実際に作ってみたけど、普通の牛肉がめちゃくちゃ美味しくなった」などの声が後を絶ちません。

 

>>NEXT 社長直伝の“究極の吉牛”とは?

2 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る