コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

子どもがよろこぶレシピもあり!料理研究家 島本美由紀先生が教える食材のおすすめ保存術

家事

2020.08.08

画像:写真ACより

 

—— 冷凍したきのこを使ったレシピをぜひお願いいたします!

 

島本先生 レンジで作れる「キノコのガーリック蒸し」がおすすめです。電子レンジで作れるから火を使わないだけでなく、調味料は市販のパスタソースだけ。作り方はとっても簡単です!!

 

①耐熱のボウルに冷凍したミックスきのこ(しめじやえのき、エリンギなど)200gを入れ、市販のパスタソース「ぺペロンチーノ」を1袋(1人分)加えて軽く和える。

 

②ふんわりとラップをかけ、電子レンジ(600W)で4〜5分 加熱し、器に盛り付属のトッピングを散らすだけ。

 

—— あっという間に出来上がりそうです!

 

島本先生 冷凍きのこなら生のきのこを調理した時よりもうまみが3倍にアップ。パスタソースを使えば手軽ですし、にんにく風味で食欲もすすみます。そのまま食べるのはもちろん、冷奴や豚しゃぶサラダに乗せたり、卵焼きの具材にしたりとアレンジも可能です。冷やして食べてもおいしく、常備菜にもなります。冷蔵室で5日間ほど保存可能です。

 

—— 納豆を使ったちょっと変わったレシピ、子どもがよろこびそうなレシピがあれば教えてください。

 

島本先生 凍った納豆を刻んだだけの、「ひんやり刻み納豆」が、暑い夏にはおすすめです。 パックのまま冷凍した納豆を容器からまな板に取り出し、室温に5分ほど置いてから包丁で粗く刻むだけ!!

 

納豆は凍っているとべたつかないので、まな板や包丁の後片付けがラクなんです。薬味やしょうゆを混ぜていつも通りに食べるだけでも、ひんやりとしておいしいですよ。卵かけご飯はもちろん、冷やしそうめんなどに乗せれば氷代わりに。ぜひ試してみて下さい

 

画像:写真ACより

 

—— 免疫力がますます注目されるようになりました。納豆以外で、島本先生がおすすめする食材があれば教えてください。

 

島本先生 免疫を上げるためには、納豆と同様、腸内環境を良くすることが1番と言われています。私のおすすめはキャベツ。食物繊維が豊富なので、腸内環境がよくなり、免疫力も高まります。加熱すると栄養素が流れ出てしまうので、あえ物などにする場合はレンジ加熱で火を通すのがポイントです。スープにすればキャベツから溶け出した栄養分も余さず摂取できます。

 

2 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る