コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ご当地の絶品家メシ「このどんぶり…超簡単なのにご飯が無限に食べられるわ」

家事

2020.05.29

チャーシューを豚の細切れ肉で代用した「焼豚玉子飯」

最後に登場したのは、愛媛県の「焼豚玉子飯」。本来はじっくり煮込んだチャーシューを使うご当地グルメですが、番組では豚の細切れ肉を活用した“超お手軽バージョン”を紹介していました。

 

まず醤油、酒、砂糖、みりんを2:1:2:1の割合で混ぜ合わせて、味の決め手となるタレを作成。フライパンで焼いた豚肉へ塩コショウを多めに振りかけたら、火が通ってきた頃にタレを入れて絡ませましょう。ご飯の上にお肉をたっぷりトッピングし、最後に半熟の目玉焼きを乗せて完成です。チャーシューを使っていないのに、本家に負けず劣らずの濃厚さが楽しめるはず。

 

番組を見た人からは、「いか人参は絶対おいしいよね…。スルメなんて旨味の爆弾みたいなものだし、漬物にするなんて反則でしょ」「うちの子は甘辛い味が好きだから、焼豚玉子飯にハマりそう! 豚の細切れで代用できるなら作ってみようかな」といった声が続出。

 

また実際に作ってみた人も多く、「どのメニューも超簡単だったから即“レギュラー”入りした(笑)」「焼豚玉子飯はご飯が無限に食べられる。考えた人マジで天才だよ!」と大きな反響を呼んでいました。

 

>>NEXT 若い世代は郷土料理を教わっていない人が多い?

2 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る