注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

掃除機いらずでストレスフリー!?「コロコロ」徹底活用でキレイを目指そう

家事

2019.07.05

12-1

 

常にきれいに掃除されたお部屋は、非常に魅力的なもの。しかし共働き家庭も増えている今、「そもそも掃除機を出してかける時間がない!」なんてお悩みも多いですよね。ロボット掃除機を購入するのは、コストが気になってしまいます。一方で、粘着ロールテープ、いわゆる「コロコロ」を使えば、掃除機なしでも手軽に掃除を実践できます。

コロコロを活用してお部屋を綺麗にするためのコツや、もっとコロコロを便利に利用するための活用法を紹介します。

 

■コロコロで部屋を綺麗にするための3つのコツ

コロコロを使って部屋を綺麗にしたい!と思ったときには、コロコロの特徴を踏まえて、適切に扱うことがポイントとなります。このためには、以下の3つのコツを意識してみてください。

★使い勝手の良いコロコロ本体を選ぶ

コロコロを普段の清掃のメインアイテムとして使うのであれば、「使い勝手の良い本体を選ぶ」ということが非常に重要なポイントとなります。安いものでは、「100円均一」でも購入できる、コロコロ本体。しかしやはり、値段によってその品質には差が出てくるものです。

長く、そして快適に使うためには、やはりそれなりの品質のものを用意するのがオススメです。またコロコロ本体の中には、以下のような種類があります。

・取っ手が長いもの
・取っ手が短いもの
・ミニサイズのもの

立って掃除をする場合には、取っ手が長いものを選択するのが便利ですし、座って掃除をするなら、短い物の方が使い勝手が良いはずです。想定される場面に合わせて、ぴったりのコロコロ本体を用意してみてください。

★シートの粘着力を、目的に合わせて選ぶ

コロコロ本体と同様に、粘着シートにも、実はさまざまな種類があります。こちらも、掃除の目的に合わせてピッタリなものを選択するようにしましょう。

粘着シートには、

・強力にゴミを吸着できるシート
・布地を傷めないシート
・フローリング用シート

などの種類があります。用途に合わないものを使うと、「掃除しようと思った場所にダメージを与えてしまった!」「どれだけコロコロしても、全然きれいにならない!」なんてデメリットも生じがちです。

目的に合わせて、いちいちシートを取り換えるのが面倒だと感じるときには、コロコロ本体ごと使い分けるのがオススメです。色やデザインなどで、分類してみてはいかがでしょうか。

★コロコロする順番に工夫する

自分自身の掃除の目的に合わせたコロコロを用意したら、いよいよ掃除を実践していきます。効率よく掃除を進めるために、大切なのが「コロコロをかける順番」です。

コロコロで掃除をする際に、大きなポイントとなるのが「粘着力」です。最初からカーペットなどの大物を掃除してしまうと、その他の小物を掃除できなくなってしまいます。

一方で、小物を掃除した後にカーペットなどの大物に取り掛かるようにすれば、粘着力を無駄なく使いきることができます。「小さな物から順番に」を意識して、掃除を進めていきましょう。

 

■カーテンやスリッパの掃除にも使える!

コロコロで掃除できる場所は、多岐にわたります。これまで挑戦したことがない場所でも、コロコロを利用することで、ストレスフリーで掃除できる可能性があります。ぜひ試してみてください。

・カーテン
・スリッパ
・網戸
・壁

窓の近くで、意外と汚れやすいのがカーテンです。そのほかの布系アイテムと同様に、汚れやほこりや付着しやすいという特徴があります。また窓を開けることで、花粉が付着することも考えられます。

カーテンにコロコロをかけることで、これらの汚れをスッキリと除去することができます。「洗濯するよりも手軽にメンテナンスできる!」と思う方も多いことでしょう。

また日常生活に欠かせないスリッパも、コロコロでのお手入れが向いているアイテムの一つです。小さめサイズのコロコロを使えば、細かな部分のゴミまで取り除くことができます。

網戸や壁は「つい掃除を後回しにしてしまう!」なんてこともあるかもしれませんが、コロコロをかけることでいつでも手軽に掃除してみましょう! 家全体をスッキリさせられそうですね。

■ながら掃除で、リラックスしながら掃除をしよう!

コロコロを使った掃除のメリットは、リラックスタイムに「ながら掃除ができる」という点でもあります。掃除機のように、うるさい音に悩まされることもありません。テレビを見ながら、片手でコロコロ……なんてお掃除が可能となります。

また電源を必要とせず、「対象の上で転がすだけ」という清掃方法は、非常にシンプルで安心・安全なもの。幼い子どもにも、積極的にお手伝いを依頼できることでしょう。「吸着したゴミが目に見える」という特徴もありますから、「どっちの方がたくさんのゴミを集められるか、競争してみよう!」なんて持ちかけることで、あっという間に気になるゴミを処理できるのではないでしょうか。

12-2

 

■まとめ

掃除=掃除機というイメージを抱く方も多いかもしれませんが、掃除の目的は、不必要なゴミを取り除くこと。そのための手段は、別に何でも構わないのです。「掃除機を使うのは面倒だな」と感じるときには、思い切って「掃除機を使わない」方向で考えることで、ストレスを解消できるのかもしれませんね。

掃除機の代わりに利用できるお掃除アイテムには、コロコロがあります。カーペット以外にも、さまざまな場所の掃除に使える便利アイテムですから、ぜひ活用してみてください。

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【掃除】その他の記事

掃除
もっと見る