2019.03.19

落ちにくそうな汚れは見ないことに…各家庭が発表した#掃除の常識に驚愕!

20190319souji01毎日のように新しい話題がフィーチャーされるネットの世界。この記事では、SNSや検索サイトで注目を集めているワードをチェックしていきます。意外なトレンドが見えてくるかも!?

 

あなたの家庭の「#掃除の常識」は?


今年3月に「アイロボットジャパン合同会社」が、「#掃除の常識 投稿キャンペーン」を実施。ハッシュタグ「#掃除の常識」がTwitterでトレンド入りを果たしました。

 

今回のキャンペーンは同ハッシュタグと共にお掃除の常識をつぶやくと、最新機種「ルンバi7+」が当たるというもの。さっそくTwitter上では自分流の掃除方法をつぶやく人が相次ぎ、「“上から下”が基本」「水周りだけは手を抜かないようにしている」「毎日掃除機をかける」「掃除をするときはトイレから!」「掃き掃除は拭き掃除の後」といった声が寄せられています。

 

また自身の“ズボラエピソード”を披露する人も。「落ちにくそうな汚れは見なかったことにするのが常識」「掃除の頻度はやらなきゃヤバいってなったら」「とりあえず見えるところを掃除する」「部屋の隅に埃やゴミを残しがち」「ルンバに全部任せる」といったツイートもされていました。

 

その他「完璧に掃除しきったと思っても何故かゴミが出てくる」「基本的に掃除をしても数秒で子どもたちが汚していく」「困ったら重曹」「起床の合図は掃除機の音」といったあるあるも。一言で“掃除”といっても、家庭によって様々な“常識”があるようです。

 

>>NEXT 「ルンバi7+」は勝手にゴミを捨ててくれる!?

河井奈津

フリーランス。子どもには腹8分目を勧めているけど、ついつい料理を作りすぎちゃうほど食べることが大好き。得意料理はカロリーの高いもの。ラーメンとカレーと丼ものが大好物。人生で何度目か分からないダイエット中。